検索

9.7. storage RHEL システムロールを使用して LUKS2 暗号化ボリュームを作成する

download PDF

storage ロールを使用し、Ansible Playbook を実行して、LUKS で暗号化されたボリュームを作成および設定できます。

前提条件

手順

  1. 次の内容を含む Playbook ファイル (例: ~/playbook.yml) を作成します。

    ---
    - name: Create and configure a volume encrypted with LUKS
      hosts: managed-node-01.example.com
      roles:
        - rhel-system-roles.storage
      vars:
        storage_volumes:
          - name: barefs
            type: disk
            disks:
             - sdb
            fs_type: xfs
            fs_label: label-name
            mount_point: /mnt/data
            encryption: true
            encryption_password: <password>

    また、encryption_keyencryption_cipherencryption_key_sizeencryption_luks など、他の暗号化パラメーターを Playbook ファイルに追加することもできます。

  2. Playbook の構文を検証します。

    $ ansible-playbook --syntax-check ~/playbook.yml

    このコマンドは構文を検証するだけであり、有効だが不適切な設定から保護するものではないことに注意してください。

  3. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook ~/playbook.yml

検証

  1. 暗号化ステータスを表示します。

    # cryptsetup status sdb
    
    /dev/mapper/sdb is active and is in use.
    type: LUKS2
    cipher: aes-xts-plain64
    keysize: 512 bits
    key location: keyring
    device: /dev/sdb
    ...
  2. 作成された LUKS 暗号化ボリュームを確認します。

    # cryptsetup luksDump /dev/sdb
    
    Version:        2
    Epoch:          6
    Metadata area:  16384 [bytes]
    Keyslots area:  33521664 [bytes]
    UUID:           a4c6be82-7347-4a91-a8ad-9479b72c9426
    Label:          (no label)
    Subsystem:      (no subsystem)
    Flags:          allow-discards
    
    Data segments:
      0: crypt
            offset: 33554432 [bytes]
            length: (whole device)
            cipher: aes-xts-plain64
            sector: 4096 [bytes]
    ...

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.