検索

6.4. 特定のベースラインに合わせたシステムの修復

download PDF

特定のベースラインに合わせて RHEL システムを修正できます。SCAP Security Guide で提供されるプロファイルに合わせてシステムを修正できます。使用可能なプロファイルのリストの詳細は、設定コンプライアンスのプロファイルの表示 を参照してください。

警告

修正 オプションが有効な状態でのシステム評価は、慎重に行わないとシステムが機能不全に陥る場合があります。Red Hat は、セキュリティーを強化した修正で加えられた変更を元に戻す自動手段は提供していません。修復は、デフォルト設定の RHEL システムで対応しています。インストール後にシステムが変更した場合は、修正を実行しても、必要なセキュリティープロファイルに準拠しない場合があります。

前提条件

  • scap-security-guide パッケージがインストールされている。

手順

  1. --remediate オプションを指定した oscap コマンドを使用してシステムを修復します。

    # oscap xccdf eval --profile <profileID> --remediate /usr/share/xml/scap/ssg/content/ssg-rhel8-ds.xml

    <profileID> は、システムが準拠する必要があるプロファイル ID (例: hipaa) に置き換えます。

  2. システムを再起動します。

検証

  1. システムがプロファイルに準拠しているかどうかを評価し、スキャン結果をファイルに保存します。

    $ oscap xccdf eval --report <scan-report.html> --profile <profileID> /usr/share/xml/scap/ssg/content/ssg-rhel8-ds.xml

    以下を置き換えます。

    • <scan-report.html> は、oscap がスキャン結果を保存するファイル名です。
    • <profileID> は、システムが準拠する必要があるプロファイル ID (例: hipaa) です。

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.