検索

6.7. 後でアプリケーションを修復するための Bash スクリプトの作成

download PDF

この手順を使用して、システムを HIPAA などのセキュリティープロファイルと調整する修正を含む Bash スクリプトを作成します。次の手順では、システムに変更を加えることなく、後のアプリケーション用にファイルを準備する方法を説明します。

前提条件

  • RHEL システムに、scap-security-guide パッケージがインストールされている。

手順

  1. oscap コマンドを使用してシステムをスキャンし、結果を XML ファイルに保存します。以下の例では、oscaphipaa プロファイルに対してシステムを評価します。

    # oscap xccdf eval --profile hipaa --results <hipaa-results.xml> /usr/share/xml/scap/ssg/content/ssg-rhel8-ds.xml
  2. 結果が含まれるファイルで、結果 ID の値を見つけます。

    # oscap info <hipaa-results.xml>
  3. 手順 1 で生成された結果ファイルに基づいて Bash スクリプトを生成します。

    # oscap xccdf generate fix --fix-type bash --result-id <xccdf_org.open-scap_testresult_xccdf_org.ssgproject.content_profile_hipaa> --output <hipaa-remediations.sh> <hipaa-results.xml>
  4. <hipaa-remediations.sh> ファイルには、手順 1 で実行されたスキャン中に失敗したルールの修復が含まれます。この生成されたファイルを確認したら、このファイルと同じディレクトリー内で、./<hipaa-remediations.sh> コマンドを使用してファイルを適用できます。

検証

  • お使いのテキストエディターで、手順 1 で実行したスキャンで失敗したルールが <hipaa-remediations.sh> ファイルに含まれていることを確認します。

関連情報

  • scap-security-guide(8)oscap(8)、および bash(1) の man ページ
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.