検索

第3章 システム全体の暗号化ポリシーの使用

download PDF

システム全体の暗号化ポリシーは、コア暗号化サブシステムを設定するシステムコンポーネントで、TLS、IPsec、SSH、DNSSec、および Kerberos の各プロトコルに対応します。これにより、管理者が選択できる小規模セットのポリシーを提供します。

3.1. システム全体の暗号化ポリシー

システム全体のポリシーを設定すると、RHEL のアプリケーションはそのポリシーに従い、ポリシーを満たしていないアルゴリズムやプロトコルを使用するように明示的に要求されない限り、その使用を拒否します。つまり、システムが提供した設定で実行する際に、デフォルトのアプリケーションの挙動にポリシーを適用しますが、必要な場合は上書きできます。

RHEL 8 には、以下の定義済みポリシーが含まれています。

DEFAULT
デフォルトのシステム全体の暗号化ポリシーレベルで、現在の脅威モデルに対して安全なものです。TLS プロトコルの 1.2 と 1.3、IKEv2 プロトコル、および SSH2 プロトコルが使用できます。RSA 鍵と Diffie-Hellman パラメーターは長さが 2048 ビット以上であれば許容されます。
LEGACY
Red Hat Enterprise Linux 5 以前との互換性を最大限に確保します。攻撃対象領域が増えるため、セキュリティーが低下します。DEFAULT レベルでのアルゴリズムとプロトコルに加えて、TLS プロトコル 1.0 および 1.1 を許可します。アルゴリズム DSA、3DES、および RC4 が許可され、RSA 鍵と Diffie-Hellman パラメーターの長さが 1023 ビット以上であれば許容されます。
FUTURE

将来の潜在的なポリシーをテストすることを目的とした、より厳格な将来を見据えたセキュリティーレベル。このポリシーでは、署名アルゴリズムでの SHA-1 の使用は許可されません。TLS プロトコルの 1.2 と 1.3、IKEv2 プロトコル、および SSH2 プロトコルが使用できます。RSA 鍵と Diffie-Hellman パラメーターは、ビット長が 3072 以上だと許可されます。システムが公共のインターネット上で通信する場合、相互運用性の問題が発生する可能性があります。

重要

カスタマーポータル API の証明書が使用する暗号化鍵は FUTURE のシステム全体の暗号化ポリシーが定義する要件を満たさないので、現時点で redhat-support-tool ユーティリティーは、このポリシーレベルでは機能しません。

この問題を回避するには、カスタマーポータル API への接続中に DEFAULT 暗号化ポリシーを使用します。

FIPS

FIPS 140 要件に準拠します。RHEL システムを FIPS モードに切り替える fips-mode-setup ツールは、このポリシーを内部的に使用します。FIPS ポリシーに切り替えても、FIPS 140 標準への準拠は保証されません。また、システムを FIPS モードに設定した後、すべての暗号キーを再生成する必要があります。多くのシナリオでは、これは不可能です。

また、RHEL はシステム全体のサブポリシー FIPS:OSPP を提供します。これには、Common Criteria (CC) 認証に必要な暗号化アルゴリズムに関する追加の制限が含まれています。このサブポリシーを設定すると、システムの相互運用性が低下します。たとえば、3072 ビットより短い RSA 鍵と DH 鍵、追加の SSH アルゴリズム、および複数の TLS グループを使用できません。また、FIPS:OSPP を設定すると、Red Hat コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 構造への接続が防止されます。さらに、FIPS:OSPP を使用する IdM デプロイメントには Active Directory (AD) を統合できません。FIPS:OSPP を使用する RHEL ホストと AD ドメイン間の通信が機能しないか、一部の AD アカウントが認証できない可能性があります。

注記

FIPS:OSPP 暗号化サブポリシーを設定すると、システムが CC 非準拠になります。RHEL システムを CC 標準に準拠させる唯一の正しい方法は、cc-config パッケージをインストールすることです。認定済みの RHEL バージョン、検証レポート、および CC ガイドへのリンクのリストについては、ナレッジベース記事「Compliance Activities and Government Standards」の Common Criteria セクションを参照してください。

Red Hat は、LEGACY ポリシーを使用する場合を除き、すべてのライブラリーがセキュアなデフォルト値を提供するように、すべてのポリシーレベルを継続的に調整します。LEGACY プロファイルはセキュアなデフォルト値を提供しませんが、このプロファイルには、簡単に悪用できるアルゴリズムは含まれていません。このため、提供されたポリシーで有効なアルゴリズムのセットまたは許容可能な鍵サイズは、Red Hat Enterprise Linux の存続期間中に変更する可能性があります。

このような変更は、新しいセキュリティー標準や新しいセキュリティー調査を反映しています。Red Hat Enterprise Linux のライフサイクル全体にわたって特定のシステムとの相互運用性を確保する必要がある場合は、そのシステムと対話するコンポーネントのシステム全体の暗号化ポリシーからオプトアウトするか、カスタム暗号化ポリシーを使用して特定のアルゴリズムを再度有効にする必要があります。

ポリシーレベルで許可されていると記載されている特定のアルゴリズムと暗号は、アプリケーションがそれらをサポートしている場合にのみ使用できます。

表3.1 暗号化ポリシーで有効になっている暗号スイートとプロトコル
 LEGACYDEFAULTFIPSFUTURE

IKEv1

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

3DES

はい

いいえ

いいえ

いいえ

RC4

はい

いいえ

いいえ

いいえ

DH

最低 1024 ビット

最低 2048 ビット

最低 2048 ビット[a]

最低 3072 ビット

RSA

最低 1024 ビット

最低 2048 ビット

最低 2048 ビット

最低 3072 ビット

DSA

はい

いいえ

いいえ

いいえ

TLS v1.0

はい

いいえ

いいえ

いいえ

TLS v1.1

はい

いいえ

いいえ

いいえ

デジタル署名における SHA-1

はい

はい

いいえ

いいえ

CBC モード暗号

はい

はい

はい

いいえ[b]

256 ビットより小さい鍵を持つ対称暗号

はい

はい

はい

いいえ

証明書における SHA-1 および SHA-224 の署名

はい

はい

はい

いいえ

[a] RFC 7919 および RFC 3526 で定義されている Diffie-Hellman グループのみを使用できます。
[b] TLS の CBC 暗号が無効になっています。TLS 以外のシナリオでは、AES-128-CBC は無効になっていますが、AES-256-CBC が有効になります。AES-256-CBC も無効にするには、カスタムのサブポリシーを適用します。

関連情報

  • システム上の crypto-policies(7) および update-crypto-policies(8) man ページ
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.