検索

7.2. AIDE を使用した整合性チェックの実行

download PDF

crond サービスを使用すると、AIDE で定期的なファイル整合性チェックをスケジュールできます。

前提条件

  • AIDE が適切にインストールされ、データベースが初期化されている。AIDE のインストール を参照してください。

手順

  1. 手動でチェックを開始するには、以下を行います。

    # aide --check
    Start timestamp: 2024-07-08 10:43:46 -0400 (AIDE 0.16)
    AIDE found differences between database and filesystem!!
    
    Summary:
      Total number of entries:	55856
      Added entries:		0
      Removed entries:		0
      Changed entries:		1
    
    ---------------------------------------------------
    Changed entries:
    ---------------------------------------------------
    
    f   ...      ..S : /root/.viminfo
    
    ---------------------------------------------------
    Detailed information about changes:
    ---------------------------------------------------
    
    File: /root/.viminfo
      SELinux  : system_u:object_r:admin_home_t:s | unconfined_u:object_r:admin_home
                 0                                | _t:s0
    …
  2. 少なくとも、AIDE を毎週実行するようにシステムを設定します。最適な設定としては、AIDE を毎日実行します。たとえば、cron コマンドを使用して毎日午前 04:05 に AIDE を実行するようにスケジュールするには、/etc/crontab ファイルに次の行を追加します。

     05 4 * * * root /usr/sbin/aide --check

関連情報

  • システム上の cron(8) man ページ
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.