検索

13.2. USBGuard のインストール

download PDF

この手順を使用して、USBGuard フレームワークをインストールして開始します。

手順

  1. usbguard パッケージをインストールします。

    # yum install usbguard
  2. 初期ルールセットを作成します。

    # usbguard generate-policy > /etc/usbguard/rules.conf
  3. usbguard デーモンを起動し、システムの起動時に自動的に起動することを確認します。

    # systemctl enable --now usbguard

検証

  1. usbguard サービスが実行していることを確認します。

    # systemctl status usbguard
    ● usbguard.service - USBGuard daemon
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/usbguard.service; enabled; vendor preset: disabled)
       Active: active (running) since Thu 2019-11-07 09:44:07 CET; 3min 16s ago
         Docs: man:usbguard-daemon(8)
     Main PID: 6122 (usbguard-daemon)
        Tasks: 3 (limit: 11493)
       Memory: 1.2M
       CGroup: /system.slice/usbguard.service
               └─6122 /usr/sbin/usbguard-daemon -f -s -c /etc/usbguard/usbguard-daemon.conf
    
    Nov 07 09:44:06 localhost.localdomain systemd[1]: Starting USBGuard daemon...
    Nov 07 09:44:07 localhost.localdomain systemd[1]: Started USBGuard daemon.
  2. USBGuard が認識する USB デバイスのリストを表示します。

    # usbguard list-devices
    4: allow id 1d6b:0002 serial "0000:02:00.0" name "xHCI Host Controller" hash...

関連情報

  • usbguard(1) および usbguard-daemon.conf(5) の man ページ
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.