検索

30.4. ext4 ファイルシステムのサイズ変更

download PDF

システム管理者は、resize2fs ユーティリティーを使用して、ext4 ファイルシステムのサイズを変更できます。resize2fs ユーティリティーは、特定の単位を示す接尾辞が使用されていない限り、ファイルシステムのブロックサイズの単位でサイズを読み取ります。以下の接尾辞は、特定の単位を示しています。

  • s (セクター) - 512 バイトのセクター
  • K (キロバイト) - 1,024 バイト
  • M (メガバイト) - 1,048,576 バイト
  • G (ギガバイト) - 1,073,741,824 バイト
  • T (テラバイト) - 1,099,511,627,776 バイト

前提条件

  • ext4 ファイルシステム。ext4 ファイルシステムの作成は、ext4 ファイルシステムの作成 を参照してください。
  • サイズ変更後にファイルシステムを保持するための、適切なサイズの基本ブロックデバイス

手順

  1. ext4 ファイルシステムのサイズを変更するには、以下の手順に従ってください。

    • アンマウントされている ext4 ファイルシステムのサイズを縮小および拡張するには、次のコマンドを実行します。

      # umount /dev/block_device
      # e2fsck -f /dev/block_device
      # resize2fs /dev/block_device size

      /dev/block_device を、ブロックデバイスへのパス (例: /dev/sdb1) に置き換えます。

      size を、sKMG、および T の接尾辞を使用して必要なサイズ変更値に置き換えます。

    • ext4 ファイルシステムは、resize2fs を使用して、マウントしたままの状態でサイズを大きくすることができます。

      # resize2fs /mount/device size
      注記

      拡張時のサイズパラメーターは任意です (多くの場合は必要ありません)。resize2fs は、コンテナーの使用可能な領域 (通常は論理ボリュームまたはパーティション) を埋めるように、自動的に拡張します。

  2. サイズを変更したファイルシステムを表示するには、次のコマンドを実行します。

    # df -h

関連情報

  • resize2fs man ページ
  • e2fsck man ページ
  • ext4 man ページ
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.