検索

1.4. 別のネットワークインターフェイス命名スキームへの切り替え

download PDF

デフォルトでは、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 は、RHEL のそれ以降のマイナーバージョンをインストールまたは更新した場合でも、rhel-8.0 命名スキームを使用します。デフォルトの命名スキームはほとんどの状況に適していますが、次のような理由で別のスキームバージョンに切り替える必要がある場合もあります。

  • 新しいスキームによりインターフェイス名にスロット番号などの追加属性を追加すると、デバイスをより適切に識別できるようになります。
  • 新しいスキームにより、カーネルによって割り当てられたデバイス名 (eth*) に udev がフォールバックするのを防ぐことができます。これは、ドライバーが 2 つ以上のインターフェイスに対して一意の名前を生成するのに十分な一意の属性を提供していない場合に発生します。

前提条件

  • サーバーのコンソールにアクセスできる。

手順

  1. ネットワークインターフェイスをリスト表示します。

    # ip link show
    2: eno1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
        link/ether 00:00:5e:00:53:1a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    ...

    インターフェイスの MAC アドレスを記録します。

  2. オプション: ネットワークインターフェイスの ID_NET_NAMING_SCHEME プロパティーを表示して、RHEL が現在使用している命名スキームを識別します。

    # udevadm info --query=property --property=ID_NET_NAMING_SCHEME /sys/class/net/eno1'
    ID_NET_NAMING_SCHEME=rhel-8.0

    このプロパティーは lo ループバックデバイスでは使用できないことに注意してください。

  3. インストールされているすべてのカーネルのコマンドラインに net.naming-scheme=<scheme> オプションを追加します。次に例を示します。

    # grubby --update-kernel=ALL --args=net.naming-scheme=rhel-8.4
  4. システムを再起動します。

    # reboot
  5. 記録した MAC アドレスに基づいて、命名スキームの変更により変更されたネットワークインターフェイスの新しい名前を特定します。

    # ip link show
    2: eno1np0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
        link/ether 00:00:5e:00:53:1a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    ...

    この例では、スキームを切り替えた後、udev によって MAC アドレスが 00:00:5e:00:53:1a のデバイスに eno1np0 という名前が付けられます。これは以前は eno1 という名前でした。

  6. 以前の名前を持つインターフェイスを使用する NetworkManager 接続プロファイルを特定します。

    # nmcli -f device,name connection show
    DEVICE  NAME
    eno1  example_profile
    ...
  7. 接続プロファイルの connection.interface-name プロパティーを新しいインターフェイス名に設定します。

    # nmcli connection modify example_profile connection.interface-name "eno1np0"
  8. 接続プロファイルを再アクティブ化します。

    # nmcli connection up example_profile

検証

  • ネットワークインターフェイスの ID_NET_NAMING_SCHEME プロパティーを表示して、RHEL が現在使用している命名スキームを特定します。

    # udevadm info --query=property --property=ID_NET_NAMING_SCHEME /sys/class/net/eno1np0'
    ID_NET_NAMING_SCHEME=_rhel-8.4
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.