検索

2.5. Kafka Bridge クラスターの設定

download PDF

ここでは、AMQ Streams クラスターで Kafka Bridge デプロイメントを設定する方法を説明します。

Kafka Bridge では、HTTP ベースのクライアントと Kafka クラスターを統合するための API が提供されます。

Kafka Bridge を使用している場合は、KafkaBridge リソースを設定します。

KafkaBridge リソースの完全なスキーマは KafkaBridge スキーマ参照」 に記載されています。

2.5.1. Kafka Bridge の設定

Kafka Bridge を使用した Kafka クラスターへの HTTP ベースのリクエスト

KafkaBridge リソースのプロパティーを使用して、Kafka Bridge デプロイメントを設定します。

クライアントのコンシューマーリクエストが異なる Kafka Bridge インスタンスによって処理された場合に発生する問題を防ぐには、アドレスベースのルーティングを利用して、要求が適切な Kafka Bridge インスタンスにルーティングされるようにする必要があります。また、独立した各 Kafka Bridge インスタンスにレプリカが必要です。Kafka Bridge インスタンスには、別のインスタンスと共有されない独自の状態があります。

前提条件

  • OpenShift クラスター。
  • 稼働中の Cluster Operator。

以下を実行する方法については、『 OpenShift での AMQ Streams のデプロイおよびアップグレード』を参照してください。

手順

  1. KafkaBridge リソースの spec プロパティーを編集します。

    設定可能なプロパティーは以下の例のとおりです。

    apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
    kind: KafkaBridge
    metadata:
      name: my-bridge
    spec:
      replicas: 3 1
      bootstrapServers: my-cluster-kafka-bootstrap:9092 2
      tls: 3
        trustedCertificates:
          - secretName: my-cluster-cluster-cert
            certificate: ca.crt
          - secretName: my-cluster-cluster-cert
            certificate: ca2.crt
      authentication: 4
        type: tls
        certificateAndKey:
          secretName: my-secret
          certificate: public.crt
          key: private.key
      http: 5
        port: 8080
        cors: 6
          allowedOrigins: "https://strimzi.io"
          allowedMethods: "GET,POST,PUT,DELETE,OPTIONS,PATCH"
      consumer: 7
        config:
          auto.offset.reset: earliest
      producer: 8
        config:
          delivery.timeout.ms: 300000
      resources: 9
        requests:
          cpu: "1"
          memory: 2Gi
        limits:
          cpu: "2"
          memory: 2Gi
      logging: 10
        type: inline
        loggers:
          logger.bridge.level: "INFO"
          # enabling DEBUG just for send operation
          logger.send.name: "http.openapi.operation.send"
          logger.send.level: "DEBUG"
      jvmOptions: 11
        "-Xmx": "1g"
        "-Xms": "1g"
      readinessProbe: 12
        initialDelaySeconds: 15
        timeoutSeconds: 5
      livenessProbe:
        initialDelaySeconds: 15
        timeoutSeconds: 5
      image: my-org/my-image:latest 13
      template: 14
        pod:
          affinity:
            podAntiAffinity:
              requiredDuringSchedulingIgnoredDuringExecution:
                - labelSelector:
                    matchExpressions:
                      - key: application
                        operator: In
                        values:
                          - postgresql
                          - mongodb
                  topologyKey: "kubernetes.io/hostname"
        bridgeContainer: 15
          env:
            - name: JAEGER_SERVICE_NAME
              value: my-jaeger-service
            - name: JAEGER_AGENT_HOST
              value: jaeger-agent-name
            - name: JAEGER_AGENT_PORT
              value: "6831"
    1
    2
    ターゲット Kafka クラスターに接続するための ブートストラップサーバー
    3
    ソース Kafka クラスターの TLS 証明書が X.509 形式で保存されるキー名のある TLS による暗号化。複数の証明書が同じシークレットに保存されている場合は、複数回リストできます。
    4
    OAuth ベアラートークン、SASL ベースの SCRAM-SHA-512 または PLAIN メカニズムを使用し、ここで示された TLS メカニズム を使用する、Kafka Bridge クラスターの認証。デフォルトでは、Kafka Bridge は認証なしで Kafka ブローカーに接続します。
    5
    Kafka ブローカーへの HTTP アクセス
    6
    選択されたリソースおよびアクセスメソッドを指定する CORS アクセス。リクエストの追加の HTTP ヘッダーには Kafka クラスターへのアクセスが許可されるオリジンが記述されています
    7
    コンシューマー設定 オプション。
    8
    プロデューサー設定 オプション。
    9
    サポートされているリソース(現在は cpumemory)の予約と、消費可能な最大リソースを指定するための制限を要求します。
    10
    指定された Kafka Bridge loggers and log levels が ConfigMap を介して直接的に (inline) または間接的に (external) に追加されます。カスタム ConfigMap は、log4j.properties または log4j2.properties キー下に配置する必要があります。Kafka Bridge ロガーでは、ログレベルを INFO、ERROR、WARN、TRACE、DEBUG、FATAL または OFF に設定できます。
    11
    Kafka Bridge を実行している仮想マシン (VM) のパフォーマンスを最適化するための JVM 設定オプション
    12
    コンテナーを再起動するタイミング (liveness) およびコンテナーがトラフィックを許可できるタイミング (readiness) を把握するためのヘルスチェック
    13
    高度な任意設定: 特別な場合のみ推奨されるコンテナーイメージの設定
    14
    テンプレートのカスタマイズ。ここでは、Pod は非アフィニティーでスケジュールされるため、Pod は同じホスト名のノードではスケジュールされません。
    15
  2. リソースを作成または更新します。

    oc apply -f KAFKA-BRIDGE-CONFIG-FILE
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.