検索

1.4.2. Topic Operator

download PDF

Topic Operator は、OpenShift リソースより Kafka クラスターのトピックを管理する方法を提供します。

Topic Operator のアーキテクチャー例

The Topic Operator manages topics for a Kafka cluster via KafkaTopic resources

Topic Operator の役割は、対応する Kafka トピックと同期して Kafka トピックを記述する KafkaTopic OpenShift リソースのセットを保持することです。

KafkaTopic とトピックの関係は次のとおりです。

  • KafkaTopic が作成されると、Topic Operator によってトピックが作成されます。
  • 削除されると、Topic Operator によってトピックが削除されます。
  • が変更されると、Topick Operator によってトピックが更新されます。

上記と逆になるトピックと KafkaTopic の関係は次のとおりです。

  • トピックが Kafka クラスター内で作成されると、Operator によって KafkaTopic が作成されます。
  • トピックが Kafka クラスターから削除されると、Operator によって KafkaTopic が削除されます。
  • トピックが Kafka クラスターで変更されると、Operator によって KafkaTopic が更新されます。

このため、KafkaTopic をアプリケーションのデプロイメントの一部として宣言でき、トピックの作成は Topic Operator によって行われます。アプリケーションは、必要なトピックからの作成または消費のみに対処する必要があります。

Topic Operator は、各トピックの情報を トピックストア で維持します。トピックストアは、Kafka トピックまたは OpenShift KafkaTopic カスタムリソースからの更新と継続的に同期されます。ローカルのインメモリートピックストアに適用される操作からの更新は、ディスク上のバックアップトピックストアに永続化されます。トピックが再設定されたり、別のブローカーに再割り当てされた場合、KafkaTopic は常に最新の状態になります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.