検索

5.2.3. Kafka トピックの設定

download PDF

KafkaTopic リソースのプロパティーを使用して Kafka トピックを設定します。

oc apply を使用すると、トピックを作成または編集できます。oc delete を使用すると、既存のトピックを削除できます。

以下に例を示します。

  • oc apply -f <topic-config-file>
  • oc delete KafkaTopic <topic-name>

この手順では、10 個のパーティションと 2 つのレプリカがあるトピックを作成する方法を説明します。

作業を開始する前の注意事項

以下を考慮してから変更を行うことが重要になります。

  • Kafka は KafkaTopic リソースによる以下の変更をサポートしません

    • spec.topicName を使用したトピック名の変更
    • spec.partitions を使用したパーティションサイズの減少
  • spec.replicas を使用して最初に指定したレプリカの数を変更することはできません。
  • キーのあるトピックの spec.partitions を増やすと、レコードをパーティション化する方法が変更されます。これは、トピックがセマンティックパーティションを使用するとき、特に問題になる場合があります。

前提条件

手順

  1. 作成する KafkaTopic が含まれるファイルを準備します。

    KafkaTopic の例

    apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
    kind: KafkaTopic
    metadata:
      name: orders
      labels:
        strimzi.io/cluster: my-cluster
    spec:
      partitions: 10
      replicas: 2

    ヒント

    トピックを変更する場合、現行バージョンのリソースは、oc get kafkatopic orders -o yaml を使用して取得できます。

  2. OpenShift で KafkaTopic リソースを作成します。

    oc apply -f TOPIC-CONFIG-FILE
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.