検索

4.4. OAuth 2.0 トークンベース認証の使用

download PDF

AMQ Streams は、SASL OAUTHBEARER メカニズムを使用して OAuth 2.0 認証の使用をサポートします。

OAuth 2.0 は、アプリケーション間で標準的なトークンベースの認証および承認を有効にし、中央の承認サーバーを使用してリソースに制限されたアクセス権限を付与するトークンを発行します。

OAuth 2.0 認証を設定した後に OAuth 2.0 承認 を設定できます。

OAuth 2.0 認証は、simple または OPA ベースの Kafka authorization と併用することもできます。

OAuth 2.0 のトークンベースの認証を使用すると、アプリケーションクライアントはアカウントのクレデンシャルを公開せずにアプリケーションサーバー (リソースサーバー と呼ばれる) のリソースにアクセスできます。

アプリケーションクライアントは、アクセストークンを認証の手段として渡します。アプリケーションサーバーはこれを使用して、付与するアクセス権限のレベルを決定することもできます。承認サーバーは、アクセスの付与とアクセスに関する問い合わせを処理します。

AMQ Streams のコンテキストでは以下が行われます。

  • Kafka ブローカーは OAuth 2.0 リソースサーバーとして動作します。
  • Kafka クライアントは OAuth 2.0 アプリケーションクライアントとして動作します。

Kafka クライアントは Kafka ブローカーに対して認証を行います。ブローカーおよびクライアントは、必要に応じて OAuth 2.0 承認サーバーと通信し、アクセストークンを取得または検証します。

AMQ Streams のデプロイメントでは、OAuth 2.0 インテグレーションは以下を提供します。

  • Kafka ブローカーのサーバー側 OAuth 2.0 サポート。
  • Kafka MirrorMaker、Kafka Connect、および Kafka Bridge のクライアント側 OAuth 2.0 サポート。

その他のリソース

4.4.1. OAuth 2.0 認証メカニズム

AMQ Streams は、OAuth 2.0 認証で OAUTHBEARER および PLAIN メカニズムをサポートします。どちらのメカニズムも、Kafka クライアントが Kafka ブローカーで認証されたセッションを確立できるようにします。クライアント、承認サーバー、および Kafka ブローカー間の認証フローは、メカニズムごとに異なります。

可能な限り、OAUTHBEARER を使用するようにクライアントを設定することが推奨されます。OAUTHBEARER では、クライアントクレデンシャルは Kafka ブローカーと共有されることがないため、PLAIN よりも高レベルのセキュリティーが提供されます。OAUTHBEARER をサポートしない Kafka クライアントの場合のみ、PLAIN の使用を検討してください。

必要な場合は、同じ oauth リスナーで OAUTHBEARER と PLAIN を同時に有効にできます。

OAUTHBEARER の概要

Kafka は OAUTHBEARER 認証メカニズムをサポートしますが、明示的に設定する必要があります。また、多くの Kafka クライアントツールでは、プロトコルレベルで OAUTHBEARER の基本サポートを提供するライブラリーを使用します。

AMQ Streams では、アプリケーションの開発を容易にするため、アップストリームの Kafka Client Java ライブラリー用の OAuth コールバックハンドラーが提供されます (ただし、他のライブラリーには提供されません)。そのため、このようなクライアントには独自のコールバックハンドラーを作成する必要はありません。アプリケーションクライアントはコールバックハンドラーを使用してアクセストークンを提供できます。Go などの他言語で書かれたクライアントは、カスタムコードを使用して承認サーバーに接続し、アクセストークンを取得する必要があります。

OAUTHBEARER を使用する場合、クライアントはクレデンシャルを交換するために Kafka ブローカーでセッションを開始します。ここで、クレデンシャルはコールバックハンドラーによって提供されるベアラートークンの形式を取ります。コールバックを使用して、以下の 3 つの方法のいずれかでトークンの提供を設定できます。

  • クライアント ID および Secret (OAuth 2.0 クライアントクレデンシャルメカニズムを使用)
  • 設定時に手動で取得された有効期限の長いアクセストークン
  • 設定時に手動で取得された有効期限の長い更新トークン

OAUTHBEARER は、Kafka ブローカーの oauth リスナー設定で自動的に有効になります。enableOauthBearer プロパティーを true に設定できますが、これは必須ではありません。

  # ...
  authentication:
    type: oauth
    # ...
    enableOauthBearer: true
注記

OAUTHBEARER 認証は、プロトコルレベルで OAUTHBEARER メカニズムをサポートする Kafka クライアントでのみ使用できます。

PLAIN の概要

PLAIN は、すべての Kafka クライアントツール (kafkacat などの開発者ツールを含む) によって使用される簡易認証メカニズムです。PLAIN を OAuth 2.0 認証とともに使用できるようにするため、AMQ Streams にはサーバー側のコールバックが含まれ、この OAuth 2.0 over PLAIN を呼び出します。

PLAIN の AMQ Streams 実装では、クライアントのクレデンシャルは ZooKeeper に保存されません。代わりに、OAUTHBEARER 認証が使用される場合と同様に、クライアントのクレデンシャルは準拠した承認サーバーの背後で一元的に処理されます。

OAuth 2.0 over PLAIN コールバックを併用する場合、以下のいずれかの方法を使用して Kafka クライアントは Kafka ブローカーで認証されます。

  • クライアント ID およびシークレット (OAuth 2.0 クライアントクレデンシャルメカニズムを使用)
  • 設定時に手動で取得された有効期限の長いアクセストークン

クライアントは、PLAIN認証を使用できるようにして、usernamepassword を提供する必要があります。パスワードに $accessToken: のプレフィックスが付けられ、その後にアクセストークンの値が続く場合、Kafka ブローカーはパスワードをアクセストークンとして解釈します。そうでない場合、Kafkaブローカーは、username をクライアントID、password をクライアントシークレットと解釈します。

アクセストークンとして password が設定されている場合、username はKafka ブローカーがアクセストークンから取得するプリンシパル名と同じものを設定する必要があります。この処理は、userNameClaimfallbackUserNameClaimfallbackUsernamePrefix、または userInfoEndpointUri を使ってユーザー名抽出をどのように設定したかによって異なります。また、承認サーバーによっても異なり、特にクライアント ID をアカウント名にマッピングする方法によります。

PLAIN を使用するには、Kafka ブローカーの oauth リスナー設定で有効にする必要があります。

以下の例では、デフォルトで有効になっている OAUTHBEARER に加え、PLAIN も有効になっています。PLAIN のみを使用する場合は、enableOauthBearerfalse に設定して OAUTHBEARER を無効にすることができます。

  # ...
  authentication:
    type: oauth
    # ...
    enablePlain: true
    tokenEndpointUri: https://OAUTH-SERVER-ADDRESS/auth/realms/external/protocol/openid-connect/token
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.