検索

6.2.3. トピックおよびパーティションへのメッセージの作成

download PDF

次に、topics エンドポイントを使用して、トピックへのメッセージを JSON 形式で生成します。以下に示すように、メッセージの宛先パーティションをリクエスト本文に指定できます。partitions エンドポイントは、全メッセージの単一の宛先パーティションをパスパラメーターとして指定する代替方法を提供します。

手順

  1. テキストエディターを使用して、3 つのパーティションがある Kafka トピックの YAML 定義を作成します。

    apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
    kind: KafkaTopic
    metadata:
      name: bridge-quickstart-topic
      labels:
        strimzi.io/cluster: <kafka-cluster-name> 1
    spec:
      partitions: 3 2
      replicas: 1
      config:
        retention.ms: 7200000
        segment.bytes: 1073741824
    1
    Kafka Bridge がデプロイされる Kafka クラスターの名前。
    2
    トピックのパーティション数。
  2. ファイルを bridge-quickstart-topic.yaml として examples/topic ディレクトリーに保存します。
  3. OpenShift クラスターにトピックを作成します。

    oc apply -f examples/topic/bridge-quickstart-topic.yaml
  4. Kafka Bridge を使用して、作成したトピックに 3 つのメッセージを生成します。

    curl -X POST \
      http://localhost:8080/topics/bridge-quickstart-topic \
      -H 'content-type: application/vnd.kafka.json.v2+json' \
      -d '{
        "records": [
            {
                "key": "my-key",
                "value": "sales-lead-0001"
            },
            {
                "value": "sales-lead-0002",
                "partition": 2
            },
            {
                "value": "sales-lead-0003"
            }
        ]
    }'
    • sales-lead-0001 は、キーのハッシュに基づいてパーティションに送信されます。
    • sales-lead-0002 は、パーティション 2 に直接送信されます。
    • sales-lead-0003 は、ラウンドロビン方式を使用して bridge-quickstart-topic トピックのパーティションに送信されます。
  5. リクエストが正常に行われると、Kafka Bridge は offsets アレイを 200 コードと application/vnd.kafka.v2+jsoncontent-type ヘッダーとともに返します。各メッセージで、offsets アレイは以下を記述します。

    • メッセージが送信されたパーティション。
    • パーティションの現在のメッセージオフセット。

      応答の例

      #...
      {
        "offsets":[
          {
            "partition":0,
            "offset":0
          },
          {
            "partition":2,
            "offset":0
          },
          {
            "partition":0,
            "offset":1
          }
        ]
      }

次のステップ

トピックおよびパーティションへのメッセージを作成したら、Kafka Bridge コンシューマーを作成します

関連情報

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.