検索

3.3. ingress を使用した Kafka へのアクセス

download PDF

このの手順では、Nginx Ingress を使用して OpenShift 外部の外部クライアントから AMQ Streams Kafka クラスターにアクセスする方法を説明します。

ブローカーに接続するには、Ingress ブートストラップアドレス のホスト名 (アドバタイズされたアドレス) と、認証に使用される証明書が必要です。

Ingress を使用したアクセスでは、ポートは常に 443 になります。

TLS パススルー

Kafka は TCP 上でバイナリープロトコルを使用しますが、NGINX Ingress Controller for Kubernetes は HTTP プロトコルで動作するように設計されています。Ingress から Kafka コネクションを渡せるようにするため、AMQ Streams では NGINX Ingress Controller for Kubernetes の TLS パススルー機能が使用されます。TLS パススルーが NGINX Ingress Controller for Kubernetes デプロイメントで有効になっているようにしてください。

Ingress を使用して Kafka を公開する場合、TLS パススルー機能を使用するため、TLS による暗号化を無効にできません。

TLS パススルーの有効化に関する詳細は、TLS パススルーのドキュメント を参照してください。

前提条件

手順

  1. 外部リスナーを ingress タイプに設定して Kafka リソースを設定します。

    ブートストラップサービスおよび Kafka ブローカーの Ingress ホストを指定します。

    以下に例を示します。

    apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
    kind: Kafka
    spec:
      kafka:
        # ...
        listeners:
          - name: external
            port: 9094
            type: ingress
            tls: true
            authentication:
              type: tls
            configuration: 1
              bootstrap:
                host: bootstrap.myingress.com
              brokers:
              - broker: 0
                host: broker-0.myingress.com
              - broker: 1
                host: broker-1.myingress.com
              - broker: 2
                host: broker-2.myingress.com
        # ...
      zookeeper:
        # ...
    1
    ブートストラップサービスおよび Kafka ブローカーの Ingress ホスト。
  2. リソースを作成または更新します。

    oc apply -f KAFKA-CONFIG-FILE

    Kafka ブローカーごとに ClusterIP タイプのサービスが作成され、さらに bootstrap service も追加されています。これらのサービスは、トラフィックを Kafka ブローカーにルーティングするために Ingress コントローラーによって使用されます。また、Ingressコントローラを使ってサービスを公開するために、各サービスに Ingress リソースを作成します。Ingress ホストは各サービスの status に伝播されます。

    kafka ブローカーの ID を検証するためのクラスター CA 証明書も、Kafka リソースと同じ名前で作成されます。

    Kafka クラスターに接続するためのブートストラップアドレスとして、configuration で指定したブートストラップホストのアドレスと、Kafka クライアントのポート 443 (BOOTSTRAP-HOST:443)を使用します。

  3. ブローカーの認証局の公開証明書を取得します。

    oc get secret KAFKA-CLUSTER-NAME-cluster-ca-cert -o jsonpath='{.data.ca\.crt}' | base64 -d > ca.crt

    Kafka クライアントで取得した証明書を使用して TLS 接続を設定します。認証が有効になっている場合は、SASL または TLS 認証を設定する必要もあります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.