検索

4.4.2.2. Kafka クラスターでの OAuth 2.0 認証設定

download PDF

Kafka クラスターで OAuth 2.0 認証を使用するには、たとえば、認証方法が oauth の Kafka クラスターカスタムリソースの TLS リスナー設定を指定します。

OAuth 2.0 の認証方法タイプの割り当て

apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
kind: Kafka
spec:
  kafka:
    # ...
    listeners:
      - name: tls
        port: 9093
        type: internal
        tls: true
        authentication:
          type: oauth
      #...

plainplainexternal リスナーを設定することができますが、plain や TLS 暗号化を無効にした external リスナーを OAuth 2.0 で使用すると、ネットワークの盗聴やトークンの盗難による不正アクセスの脆弱性が生じるため、使用しないことをお勧めします。

external リスナーを type: oauth で設定し、セキュアなトランスポート層がクライアントと通信するようにします。

OAuth 2.0 の外部リスナーとの使用

# ...
listeners:
  - name: external
    port: 9094
    type: loadbalancer
    tls: true
    authentication:
      type: oauth
    #...

tls プロパティーはデフォルトで false に設定されているため、有効にする必要があります。

認証のタイプを OAuth 2.0 として定義した場合、検証のタイプに基づいて、 高速のローカル JWT 検証 または イントロスペクションエンドポイントを使用したトークンの検証 のいずれかとして、設定を追加します。

説明や例を用いてリスナー向けに OAuth 2.0 を設定する手順は、「Kafka ブローカーの OAuth 2.0 サポートの設定」を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.