検索

8.7. 最適化プロポーザルの生成

download PDF

KafkaRebalance リソースを作成または更新すると、Cruise Control は 設定済みの最適化ゴールを基にして、Kafka クラスターの 最適化プロポーザル を生成します。

最適化プロポーザルの情報を分析して、プロポーザルを承認するかどうかを決定します。

前提条件

手順

  1. KafkaRebalance リソースを作成します。

    1. Kafka リソースに定義された デフォルトの最適化ゴール を使用するには、spec プロパティーを空のままにします。

      apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
      kind: KafkaRebalance
      metadata:
        name: my-rebalance
        labels:
          strimzi.io/cluster: my-cluster
      spec: {}
    2. デフォルトのゴールを使用する代わりに ユーザー定義の最適化ゴール を設定するには、goals プロパティーを追加し、1 つ以上のゴールを入力します。

      以下の例では、ラックアウェアネス (Rack Awareness) およびレプリカの容量はユーザー定義の最適化ゴールとして設定されています。

      apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
      kind: KafkaRebalance
      metadata:
        name: my-rebalance
        labels:
          strimzi.io/cluster: my-cluster
      spec:
        goals:
          - RackAwareGoal
          - ReplicaCapacityGoal
    3. 設定されたハードゴールを無視するには、skipHardGoalCheck: trueプロパティを追加します。

      apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
      kind: KafkaRebalance
      metadata:
        name: my-rebalance
        labels:
          strimzi.io/cluster: my-cluster
      spec:
        goals:
          - RackAwareGoal
          - ReplicaCapacityGoal
        skipHardGoalCheck: true
  2. リソースを作成または更新します。

    oc apply -f your-file

    Cluster Operator は Cruise Control から最適化プロポーザルを要求します。Kafka クラスターのサイズによっては処理に数分かかることがあります。

  3. KafkaRebalance リソースの状態をチェックします。

    oc describe kafkarebalance rebalance-cr-name

    Cruise Control は以下の 2 つの状態の 1 つを返します。

    • PendingProposal: 最適化プロポーザルが準備できているかどうかを確認するために、リバランス operator が Cruise Control API をポーリングしています。
    • ProposalReady: 最適化プロポーザルを確認し、希望する場合は承認することができます。最適化プロポーザルは KafkaRebalance カスタムリソースの Status.Optimization Result プロパティーに含まれます。
  4. 最適化プロポーザルを確認します。

    oc describe kafkarebalance rebalance-cr-name

    以下はプロポーザルの例になります。

    Status:
      Conditions:
        Last Transition Time:  2020-05-19T13:50:12.533Z
        Status:                ProposalReady
        Type:                  State
      Observed Generation:     1
      Optimization Result:
        Data To Move MB:  0
        Excluded Brokers For Leadership:
        Excluded Brokers For Replica Move:
        Excluded Topics:
        Intra Broker Data To Move MB:         0
        Monitored Partitions Percentage:      100
        Num Intra Broker Replica Movements:   0
        Num Leader Movements:                 0
        Num Replica Movements:                26
        On Demand Balancedness Score After:   81.8666802863978
        On Demand Balancedness Score Before:  78.01176356230222
        Recent Windows:                       1
      Session Id:                             05539377-ca7b-45ef-b359-e13564f1458c

    Optimization Result セクションのプロパティーには、保留クラスターリバランス操作の詳細が表示されます。各プロパティーの説明は、「最適化プロポーザルの内容」を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.