検索

13.2.4.2. type

download PDF

タイプはinternal、外部リスナーの場合はrouteloadbalancernodeportingressのいずれかに設定されます。

internal

tls プロパティーを使用して、暗号化の有無に関わらず内部リスナーを設定できます。

internalリスナーの設定例

#...
spec:
  kafka:
    #...
    listeners:
      #...
      - name: plain
        port: 9092
        type: internal
        tls: false
      - name: tls
        port: 9093
        type: internal
        tls: true
        authentication:
          type: tls
    #...

route

OpenShift Routes および HAProxy ルーターを使用して Kafka を公開するように外部リスナーを設定します。

Kafkaブローカーポッドごとに専用のRouteが作成されます。追加の Route が作成され、Kafka ブートストラップアドレスとして提供されます。これらの Routes を使用すると、Kafka クライアントを 443 番ポートで Kafka に接続することができます。クライアントはデフォルトのルーターポートであるポート 443 に接続しますが、トラフィックは設定するポート(この例では 9094 )にルーティングされます。

route リスナーの設定例

#...
spec:
  kafka:
    #...
    listeners:
      #...
      - name: external1
        port: 9094
        type: route
        tls: true
    #...

ingress

Kubernetes Ingress および NGINX Ingress Controller for Kubernetes を使用して Kafka を公開するように外部リスナーを設定します。

各 Kafka ブローカー Pod に専用の Ingress リソースが作成されます。追加の Ingress リソースが作成され、Kafka ブートストラップアドレスとして提供されます。これらの Ingress リソースを使用すると、Kafka クライアントを 443 番ポートで Kafka に接続することができます。クライアントはデフォルトのコントローラーポートであるポート 443 に接続しますが、トラフィックは設定するポート(以下の例では 9095 にルーティングされます)。

GenericKafkaListenerConfigurationBootstrap および GenericKafkaListenerConfigurationBroker プロパティーを使用して、ブートストラップおよびブローカーごとのサービスによって使用されるホスト名を指定する必要があります。

Ingress リスナーの設定例

#...
spec:
  kafka:
    #...
    listeners:
      #...
      - name: external2
        port: 9095
        type: ingress
        tls: true
        authentication:
          type: tls
        configuration:
          bootstrap:
            host: bootstrap.myingress.com
          brokers:
          - broker: 0
            host: broker-0.myingress.com
          - broker: 1
            host: broker-1.myingress.com
          - broker: 2
            host: broker-2.myingress.com
  #...

注記

Ingress を使用する外部リスナーは、現在 NGINX Ingress Controller for Kubernetes でのみテストされています。

loadbalancer

Kafka Loadbalancer タイプの Services を公開するように外部リスナーを設定します。

Kafka ブローカー Pod ごとに新しいロードバランサーサービスが作成されます。追加のロードバランサーが作成され、Kafka の ブートストラップ アドレスとして提供されます。ロードバランサーは指定のポート番号をリッスンします。以下の例ではポート 9094 です。

loadBalancerSourceRanges プロパティーを使用して、指定された IP アドレスへのアクセスを制限する ソース範囲 を設定できます。

loadbalancer リスナーの設定例

#...
spec:
  kafka:
    #...
    listeners:
      - name: external3
        port: 9094
        type: loadbalancer
        tls: true
        configuration:
          loadBalancerSourceRanges:
            - 10.0.0.0/8
            - 88.208.76.87/32
    #...

nodeport

NodePort タイプの Services を使用して Kafka を公開するように外部リスナーを設定します。

Kafka クライアントは OpenShift のノードに直接接続します。追加の NodePort タイプのサービスが作成され、Kafka ブートストラップアドレスとして提供されます。

Kafka ブローカー Pod にアドバタイズされたアドレスを設定する場合、AMQ Stremas では該当の Pod が稼働しているノードのアドレスが使用されます。preferredNodePortAddressTypeプロパティを使用して、チェックした最初のアドレスタイプをノードアドレスとして設定することができます。

nodeport リスナーの設定例

#...
spec:
  kafka:
    #...
    listeners:
      #...
      - name: external4
        port: 9095
        type: nodeport
        tls: false
        configuration:
          preferredNodePortAddressType: InternalDNS
    #...

注記

ノードポートを使用して Kafka クラスターを公開する場合、現在 TLS ホスト名の検証はサポートされません。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.