検索

4.5.2. OAuth 2.0 承認サポートの設定

download PDF

この手順では、Red Hat Single Sign-On の Authorization Services を使用して、OAuth 2.0 承認を使用するように Kafka ブローカーを設定する方法を説明します。

作業を開始する前に

特定のユーザーに必要なアクセス、または制限するアクセスについて検討してください。Red Hat Single Sign-On では、Red Hat Single Sign-On の グループロールクライアント、および ユーザー の組み合わせを使用して、アクセスを設定できます。

通常、グループは組織の部門または地理的な場所を基にしてユーザーを照合するために使用されます。また、ロールは職務を基にしてユーザーを照合するために使用されます。

Red Hat Single Sign-On を使用すると、ユーザーおよびグループを LDAP で保存できますが、クライアントおよびロールは LDAP で保存できません。ユーザーデータへのアクセスとストレージを考慮して、承認ポリシーの設定方法を選択する必要がある場合があります。

注記

スーパーユーザー は、Kafka ブローカーに実装された承認にかかわらず、常に制限なく Kafka ブローカーにアクセスできます。

前提条件

  • AMQ Streams は、トークンベースの認証 に Red Hat Single Sign-On と OAuth 2.0 を使用するように設定されている必要があります。承認を設定するときに、同じ Red Hat Single Sign-On サーバーエンドポイントを使用する必要があります。
  • OAuth 2.0 認証は、再認証を有効にするために maxSecondsWithoutReauthentication オプションで設定する必要があります。

手順

  1. Red Hat Single Sign-On の Admin Console にアクセスするか、Red Hat Single Sign-On の Admin CLI を使用して、OAuth 2.0 認証の設定時に作成した Kafka ブローカークライアントの Authorization Services を有効にします。
  2. 承認サービスを使用して、クライアントのリソース、承認スコープ、ポリシー、およびパーミッションを定義します。
  3. ロールとグループをユーザーとクライアントに割り当てて、パーミッションをユーザーとクライアントにバインドします。
  4. エディターで Kafka リソースの Kafka ブローカー設定 (Kafka.spec.kafka) を更新して、Kafka ブローカーで Red Hat Single Sign-On による承認が使用されるように設定します。

    oc edit kafka my-cluster
  5. Kafka ブローカーの kafka 設定を指定して、keycloak による承認を使用し、承認サーバーと Red Hat Single Sign-On の Authorization Services にアクセスできるようにします。

    以下は例になります。

    apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
    kind: Kafka
    metadata:
      name: my-cluster
    spec:
      kafka:
        # ...
        authorization:
          type: keycloak 1
          tokenEndpointUri: <https://<auth-server-address>/auth/realms/external/protocol/openid-connect/token> 2
          clientId: kafka 3
          delegateToKafkaAcls: false 4
          disableTlsHostnameVerification: false 5
          superUsers: 6
          - CN=fred
          - sam
          - CN=edward
          tlsTrustedCertificates: 7
          - secretName: oauth-server-cert
            certificate: ca.crt
          grantsRefreshPeriodSeconds: 60 8
          grantsRefreshPoolSize: 5 9
        #...
    1
    タイプ keycloak によって Red Hat Single Sign-On の承認が有効になります。
    2
    Red Hat Single Sign-On トークンエンドポイントの URI。本番環境では常に HTTP を使用してください。トークンベースの oauth 認証を設定する場合、jwksEndpointUri をローカル JWT 検証の URI として指定します。tokenEndpointUri URI のホスト名は同じである必要があります。
    3
    承認サービスが有効になっている Red Hat Single Sign-On の OAuth 2.0 クライアント定義のクライアント ID。通常、kafka が ID として使用されます。
    4
    (オプション) Red Hat Single Sign-On Authorization Services ポリシーでアクセスが拒否された場合、Kafka AclAuthorizer に権限を委譲します。デフォルトは false です。
    5
    (任意設定): TLS ホスト名の検証を無効にします。デフォルトは false です。
    6
    (任意設定): 指定の スーパーユーザー
    7
    (任意設定): 承認サーバーへの TLS 接続用の信用できる証明書。
    8
    (任意設定): 連続する付与 (Grants) 更新実行の間隔。これは、アクティブなセッションが Red Hat Single Sign-On でユーザーのパーミッション変更を検出する最大時間です。デフォルト値は 60 です。
    9
    (任意設定): アクティブなセッションの付与 (Grants) の更新 (並行して) に使用するスレッドの数。デフォルト値は 5 です。
  6. エディターを保存して終了し、ローリングアップデートの完了を待ちます。
  7. 更新をログで確認するか、または Pod 状態の遷移を監視して確認します。

    oc logs -f ${POD_NAME} -c kafka
    oc get pod -w

    ローリングアップデートによって、ブローカーが OAuth 2.0 承認を使用するように設定されます。

  8. クライアントまたは特定のロールを持つユーザーとして Kafka ブローカーにアクセスして、設定したパーミッションを検証し、必要なアクセス権限があり、付与されるべきでないアクセス権限がないことを確認します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.