検索

12.7.2.3. 順序付き配信

download PDF

メッセージは 1 度だけ配信されるため、べき等プロデューサーは重複を回避します。障害発生時でも配信の順序が維持されるように、ID とシーケンス番号がメッセージに割り当てられます。データの一貫性を保つために acks=all を使用している場合は、順序付けられた配信に冪等性を有効にすることが妥当です。

べき等を使った順序付き配信

# ...
enable.idempotence=true 1
max.in.flight.requests.per.connection=5 2
acks=all 3
retries=2147483647 4
# ...

1
べき等プロデューサーを有効にするには true に設定します。
2
べき等配信では、インフライトリクエストの数が 1 を越えることがありますがメッセージの順序は維持されます。デフォルトのインフライトリクエストの数は 5 です。
3
acksall に設定します。
4
失敗したメッセージリクエストを再送信する試行回数を設定します。

パフォーマンスコストが原因で acks=all と idempotency を使用していない場合には、インフライト(承認されていない)リクエストの数を 1 に設定して、順序を保持します。そうしないと、Message-A が失敗し、Message-B がブローカーに書き込まれた後にのみ成功する可能性があります。

べき等を使用しない順序付け配信

# ...
enable.idempotence=false 1
max.in.flight.requests.per.connection=1 2
retries=2147483647
# ...

1
false に設定すると、べき等プロデューサーを無効にします。
2
インフライトリクエストの数のみを 1 に設定します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.