検索

5.8. PCP スケーリングの設定オプション

download PDF

スケーリングに必要な設定オプションを以下に示します。

sysctl and rlimit settings
アーカイブ検出を有効にすると、pmproxy は、監視またはログテーリングを行っているすべての pmlogger に対して 4 つの記述子を必要とし、さらに、サービスログと pmproxy クライアントソケットのための追加のファイル記述子があれば、それも必要となります。各 pmlogger プロセスは、リモートの pmcd ソケット、アーカイブファイル、サービスログなどのために約 20 個のファイル記述子を使用します。合計すると、約 200 の pmlogger プロセスを実行しているシステムでは、デフォルトの 1024 ソフトの制限を超えてしまいます。pcp-5.3.0 以降の pmproxy サービスでは、ソフトリミットがハードリミットに自動的に引き上げられます。以前のバージョンの PCP では、多数の pmlogger プロセスをデプロイする場合、チューニングが必要です。これは、pmlogger のソフトリミットまたはハードリミットを増やすことで実現できます。詳細は、How to set limits (ulimit) for services run by systemd を参照してください。
ローカルアーカイブ
pmlogger サービスは、ローカルおよびリモートの pmcd のメトリックを /var/log/pcp/pmlogger/ ディレクトリーに保存します。ローカルシステムのロギング間隔を制御するには、/etc/pcp/pmlogger/control.d/configfile ファイルを更新し、引数に -t X を追加してください (Xは秒単位のロギング間隔)。どのメトリックを記録するかを設定するには、pmlogconf /var/lib/pcp/config/pmlogger/config.clienthostname を実行します。このコマンドは、デフォルトのメトリックのセットを含む設定ファイルをデプロイしますが、オプションでさらにカスタマイズすることもできます。古い PCP アーカイブをいつパージするかという保存設定を行うには、/etc/sysconfig/pmlogger_timers file and specify PMLOGGER_DAILY_PARAMS="-E -k X" を更新します。ここで、Xは PCP アーカイブを保持する日数です。
Redis

pmproxy サービスは、pmlogger からのログされたメトリックを Redis インスタンスに送信します。設定ファイル /etc/pcp/pmproxy/pmproxy.conf で保持設定を指定する際に使用できる 2 つのオプションを以下に示します。

  • stream.expire では、古いメトリックを削除するまでの期間を指定します (つまり、指定した秒数の間更新されなかったメトリック)。
  • stream.maxlen は、ホストごとに 1 つのメトリックの最大メトリック値の数を指定します。この設定は、保存期間をログ間隔で割ったものでなければなりません。例えば、保存期間が 14 日、ログ間隔が 60 秒の場合は 20160 となります (60*60*24*14/60)。

関連情報

  • pmproxy(1)pmlogger(1)、および sysctl(8) の man ページ
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.