検索

38.4. ランタイム時に HugeTLB ページを確保するためのパラメーター

download PDF

実行時に HugeTLB ページの動作に影響を与える場合は、以下のパラメーターを使用します。

これらのパラメーターを使用してランタイム時に HugeTLB ページを設定する方法の詳細は、ランタイム時の HugeTLB の設定 を参照してください。

表38.2 ランタイム時に HugeTLB ページを設定するために使用されるパラメーター
パラメーター説明ファイル名

nr_hugepages

指定された NUMA ノードに割り当てられる指定したサイズの Huge Page の数を定義します。

/sys/devices/system/node/node_id/hugepages/hugepages-size/nr_hugepages

nr_overcommit_hugepages

オーバーコミットメモリーを介してシステムで作成され、使用できる追加の Huge Page の最大数を定義します。

このファイルにゼロ以外の値を書き込むと、永続 Huge Page プールが使い切られると、システムはカーネルの通常のページプールから その数の Huge Page を取得することを示しています。これら超過分の Huge Page は使用されなくなるので、これらは解放され、カーネルの通常のページプールに戻ります。

/proc/sys/vm/nr_overcommit_hugepages

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.