検索

15.6. 電力消費の最適化

download PDF

電力消費を最適化するには、powertop サービスまたは powertop2tuned ユーティリティーを使用できます。

15.6.1. powertop サービスで消費電力の最適化

powertop サービスを使用すると、システムの起動の Tunables タブから、すべての PowerTOP の提案を自動的に有効にできます。

手順

  • powertop サービスを有効にします。

    # systemctl enable powertop

15.6.2. powertop2tuned ユーティリティー

powertop2tuned ユーティリティーを使用すると、PowerTOPの提案からカスタムTuneDプロファイルを作成できます。

デフォルトでは、powertop2tuned は、/etc/tuned/ ディレクトリーにプロファイルを作成し、現在選択している TuneD プロファイルを基にしてカスタムプロファイルを作成します。安全上の理由から、すべての PowerTOP チューニングは最初に新しいプロファイルで無効になっています。

チューニングを有効にするには、以下を行います。

  • /etc/tuned/profile_name/tuned.conf ファイルでコメントを解除します。
  • --enable オプションまたは -e オプションを使用して、PowerTOP により提案されたチューニングのほとんどを可能にする新しいプロファイルを生成します。

    USB 自動サスペンドなど、既知の問題のある特定のチューニングはデフォルトで無効になっているため、手動でコメントを解除する必要があります。

15.6.3. powertop2tuned ユーティリティーで電力消費の最適化

前提条件

  • powertop2tuned ユーティリティーがシステムにインストールされている場合は、次のコマンドを実行します。

    # dnf install tuned-utils

手順

  1. カスタムプロファイルを作成するには、次のコマンドを使用します。

    # powertop2tuned new_profile_name
  2. 新しいプロファイルをアクティベートします。

    # tuned-adm profile new_profile_name

関連情報

  • powertop2tuned に対応しているオプションの完全リストを表示するには、以下を使用します。

    $ powertop2tuned --help

15.6.4. powertop.service と powertop2tuned の比較

以下の理由により、powertop2tuned を使用した電力消費の最適化は、powertop.service よりも推奨されます。

  • powertop2tuned ユーティリティーは、PowerTOPTuneD に統合したものです。これにより、両方のツールの利点を活かすことができます。
  • powertop2tuned ユーティリティーを使用すると、有効になっているチューニングをきめ細かく制御できます。
  • powertop2tuned を使用すると、潜在的に危険なチューニングは自動的に有効になりません。
  • powertop2tuned を使用すると、再起動せずにロールバックを行うことができます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.