検索

第40章 SystemTap のクロスインストルメンテーション

download PDF

SystemTap のクロスインストルメンテーションは、あるシステムで SystemTap スクリプトから SystemTap インストルメンテーションモジュールを作成し、SystemTap が完全にデプロイされていない別のシステムで使用します。

40.1. SystemTap のクロスインストルメンテーション

ユーザーが SystemTap スクリプトを実行すると、そのスクリプトからカーネルモジュールが構築されます。次に SystemTap はモジュールをカーネルに読み込みます。

通常、SystemTap スクリプトは SystemTap がデプロイされているシステムでのみ実行できます。SystemTap を 10 台のシステムで実行するには、このようなすべてのシステムに SystemTap をデプロイする必要があります。場合によっては、これは実現不可能または推奨されない場合があります。たとえば、企業のポリシーで、特定のマシンにコンパイラーやデバッグ情報を提供するパッケージのインストールが禁止されている場合には、SystemTap のデプロイメントができなくなります。

この状況を回避するために、クロスインストルメンテーション を使用します。クロスインストルメンテーションとは、あるコンピューターの SystemTap スクリプトから SystemTap インストルメンテーションモジュールを生成して、別のシステムで使用するプロセスです。このプロセスには、以下のような効果があります。

  • 各種マシンのカーネル情報パッケージを単一のホストマシにインストールできる。

    重要

    カーネルのパッケージ化にバグがあると、インストールが妨げられる場合があります。このような場合に ホストシステムターゲットシステムkernel-debuginfo および kernel-devel パッケージが同じでなければなりません。バグが発生した場合は、 https://bugzilla.redhat.com/ でバグを報告します。

  • 生成された SystemTap インストルメンテーションモジュール (systemtap-runtime) を使用するには、ターゲットマシン ごとインストールする必要があるパッケージは 1 つだけです。

    重要

    構築された インストルメンテーションモジュール が機能するには、ホストシステムターゲットシステム が同一アーキテクチャーで同じ Linux ディストリビューションを実行している必要があります。

用語
インストルメンテーションモジュール
SystemTap スクリプトから構築したカーネルモジュール。SystemTap モジュールは ホストシステム 上に構築され、ターゲットシステムターゲットカーネル に読み込まれます。
ホストシステム
ターゲットシステム に読み込めるように (SystemTap スクリプトから) インストルメンテーションモジュールをコンパイルするシステム。
ターゲットシステム
(SystemTap スクリプトから) インストルメンテーションモジュール を構築するシステム。
ターゲットカーネル
ターゲットシステム のカーネル。インストルメンテーションモジュール を読み込み、実行するカーネルです。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.