検索

31.14. イーサネットネットワークのフロー制御

download PDF

イーサネットリンクで、ネットワークインターフェイスとスイッチポートの間で継続的にデータ送信が行われると、バッファー容量がいっぱいになる可能性があります。バッファー容量がいっぱいになると、ネットワークの輻輳が発生します。この場合、送信側が受信側の処理能力よりも高いレートでデータを送信すると、パケットロスが発生する可能性があります。リンクの反対側のネットワークインターフェイス (スイッチポート) のデータ処理能力が低いためです。

フロー制御メカニズムは、送信側と受信側の送受信能力がそれぞれ異なるイーサネットリンクを介したデータ送信を管理します。パケットロスを回避するために、イーサネットフロー制御メカニズムはパケット送信を一時的に停止し、スイッチポート側の高い伝送レートを制御します。なお、ルーターがスイッチポートを越えてポーズフレームを転送することはありません。

受信 (RX) バッファーがいっぱいになると、受信側は送信側にポーズフレームを送信します。その後、送信側は、1 秒未満の短い期間、データ送信を停止しますが、この一時停止期間中は受信データのバッファリングを続けます。この期間は、受信側がインターフェイスバッファーを空にして、バッファーオーバーフローを防ぐのに十分な時間を提供します。

注記

イーサネットリンクのどちら側も、ポーズフレームを反対側に送信できます。ネットワークインターフェイスの受信バッファーがいっぱいになると、ネットワークインターフェイスはポーズフレームをスイッチポートに送信します。同様に、スイッチポートの受信バッファーがいっぱいになると、スイッチポートはネットワークインターフェイスにポーズフレームを送信します。

デフォルトでは、Red Hat Enterprise Linux のほとんどのネットワークドライバーではポーズフレームのサポートが有効になっています。ネットワークインターフェイスの現在の設定を表示するには、次のように入力します。

# ethtool --show-pause enp1s0
Pause parameters for enp1s0:
...
RX:     on
TX:     on
...

スイッチのベンダーに問い合わせて、スイッチがポーズフレームをサポートしているかどうかを確認してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.