検索

1.15. TuneD プロファイルの設定

download PDF

この手順では、選択した TuneD プロファイルを有効にします。

前提条件

手順

  1. 必要に応じて、TuneD がシステムに最も適したプロファイルを推奨できます。

    # tuned-adm recommend
    
    throughput-performance
  2. プロファイルをアクティブ化します。

    # tuned-adm profile selected-profile

    または、複数のプロファイルの組み合わせをアクティベートできます。

    # tuned-adm profile selected-profile1 selected-profile2

    例1.3 低消費電力向けに最適化された仮想マシン

    以下の例では、仮想マシンでの実行でパフォーマンスを最大化するようにシステムが最適化され、同時に、(低消費電力が最優先である場合は) 低消費電力を実現するようにシステムがチューニングされます。

    # tuned-adm profile virtual-guest powersave
  3. お使いのシステムで現在アクティブな TuneD プロファイルを表示します。

    # tuned-adm active
    
    Current active profile: selected-profile
  4. システムを再起動します。

    # reboot

検証手順

  • TuneD プロファイルが有効であり、適用されていることを確認します。

    $ tuned-adm verify
    
    Verification succeeded, current system settings match the preset profile.
    See tuned log file ('/var/log/tuned/tuned.log') for details.

関連情報

  • tuned-adm(8) の man ページ
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.