検索

11.6. udev ルールを使用したディスクスケジューラーの設定

download PDF

この手順では、udev ルールを使用して、特定ブロックデバイスに、特定のディスクスケジューラーを設定します。この設定は、システムを再起動しても持続します。

以下のコマンドと設定で、以下の内容を置き換えます。

  • device をブロックデバイスの名前に置き換えます (例: sdf)。
  • selected-scheduler を、デバイスに設定するディスクスケジューラーに置き換えます (例: bfq)。

手順

  1. ブロックデバイスのシステム固有の識別子を見つけます。

    $ udevadm info --name=/dev/device | grep -E '(WWN|SERIAL)'
    E: ID_WWN=0x5002538d00000000
    E: ID_SERIAL=Generic-_SD_MMC_20120501030900000-0:0
    E: ID_SERIAL_SHORT=20120501030900000
    注記

    この例のコマンドは、指定したブロックデバイスに関連付けられた World Wide Name (WWN) またはシリアル番号として識別されるすべての値を返します。WWN を使用することが推奨されますが、WWN は特定のデバイスで常に利用できる訳ではなく、コマンド例で返される値は、デバイスのシステム固有の ID として使用することが許容されます。

  2. udev ルールを設定します。以下の内容で /etc/udev/rules.d/99-scheduler.rules ファイルを作成します。

    ACTION=="add|change", SUBSYSTEM=="block", ENV{IDNAME}=="device system unique id", ATTR{queue/scheduler}="selected-scheduler"

    ここでは、以下のようになります。

    • IDNAME を、使用されている識別子名に置き換えます (例:ID_WWN)。
    • device system unique id を、選択した識別子の値に置き換えます (例:0x5002538d00000000)。
  3. udev ルールを再読み込みします。

    # udevadm control --reload-rules
  4. スケジューラー設定を適用します。

    # udevadm trigger --type=devices --action=change

検証手順

  • アクティブなスケジューラーを確認します。

    # cat /sys/block/device/queue/scheduler
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.