検索

39.3. SystemTap を実行する特権

download PDF

SystemTap スクリプトを実行するには、システム権限の昇格が必要になりますが、場合によっては、権限のないユーザーが自身のマシン上で SystemTap インストルメンテーションを実行する必要がある場合があります。

ユーザーが root アクセスなしで SystemTap を実行できるようにするには、以下の 両方 のユーザーグループにユーザーを追加します。

stapdev

このグループのメンバーは stap を使用して SystemTap スクリプトを実行したり、staprun を使用して SystemTap インストルメンテーションモジュールを実行したりできます。

stap の実行では、SystemTap スクリプトがカーネルモジュールにコンパイルされ、それがカーネルに読み込まれます。これにはシステムに対する権限の昇格が必要となり、stapdev メンバーにはそれが付与されます。ただし、この権限は stapdev メンバーに有効な root アクセスも付与することになります。このため、stapdev グループのメンバーシップは、root アクセスを信頼して付与できるメンバーにのみ許可してください。

stapusr
このグループのメンバーが SystemTap インストルメンテーションモジュールの実行に使用できるのは、staprun のみです。また、これらのモジュールは /lib/modules/kernel_version/systemtap/ ディレクトリーからしか実行できません。このディレクトリーの所有や書き込みが可能なのは root ユーザーだけでなければなりません。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.