検索

37.5. カーネルパラメーター

download PDF

カーネルパラメーターのデフォルト値は /proc/sys/kernel/ ディレクトリーにあります。これらは、カーネルによって提供される設定されたデフォルト値、または sysctl を介してユーザーによって指定された値です。

以下は、msg* および shm* System V IPC (sysvipc) システムコールの制限を設定するのに使用されるカーネルパラメーターです。

msgmax
メッセージキューの単一のメッセージに対する最大許容サイズ (バイト単位) を定義します。この値は、キューのサイズ (msgmnb) を超えることはできません。sysctl msgmax コマンドを使用して、システムの現在の msgmax 値を確認します。
msgmnb
単一のメッセージキューの最大サイズをバイト単位で定義します。sysctl msgmnb コマンドを使用して、システムの現在の msgmnb 値を確認します。
msgmni
メッセージキュー識別子の最大数 (つまりキューの最大数) を定義します。sysctl msgmni コマンドを使用して、システムの現在の msgmni 値を確認します。
shmall
一度にシステムで使用できる共有メモリー pages の合計量を定義します。たとえば、AMD64 アーキテクチャーおよび Intel 64 アーキテクチャーでは、ページは 4096 バイトになります。sysctl shmall コマンドを使用して、システムの現在の shmall 値を確認します。
shmmax
カーネルが許可する単一の共有メモリーセグメントの最大サイズをバイト単位で定義します。カーネルで、1Gb までの共有メモリーセグメントがサポートされるようになりました。sysctl shmmax コマンドを使用して、システムの現在の shmmax 値を確認します。
shmmni
システム全体の共有メモリーセグメントの最大数を定義します。いずれのシステムでもデフォルト値は 4096 です。

関連情報

  • man ページの sysvipc(7) および sysctl(8)
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.