検索

6.5. SR-IOV の設定

download PDF

OpenShift Container Platform には、OpenShift Container Platform ノードで SR-IOV ハードウェアを使用する機能が含まれます。これにより、他のネットワークインターフェースに加えて SR-IOV Virtual Function (VF) インターフェースを Pod に割り当てることができます。

この機能を有効にするには、SR-IOV ネットワークデバイスプラグインおよび SR-IOV CNI プラグインという 2 つのコンポーネントが必要になります。

  • SR-IOV ネットワークプラグインは、SR-IOV ネットワークの Virtual Function (VF) リソースを検出し、公開し、割り当てるための Kubernetes デバイスプラグインです。デバイスプラグインは、とりわけ物理デバイスでの制限されたリソースの使用を有効にするために Kubernetes で使用されます。デバイスプラグインは、Kubernetes スケジューラーに使い切られたリソースについて認識させ、Pod が利用可能なリソースが十分にあるワーカーノードにスケジュールされるようにします。
  • SR-IOV CNI プラグインは、SR-IOV デバイスプラグインから割り当てられる VF インターフェースを Pod につなぎます。

6.5.1. サポートされるデバイス

以下のネットワークインターフェースカード (NIC) モデルは OpenShift Container Platform でサポートされています。

  • Intel XXV710-DA2 25G カード (ベンダー ID 0x8086 およびデバイス ID 0x158b)
  • Mellanox MT27710 Family [ConnectX-4 Lx] 25G カード (ベンダー ID 0x15b3 およびデバイス ID 0x1015)
  • Mellanox MT27800 Family [ConnectX-5] 100G カード (ベンダー ID 0x15b3 およびデバイス ID 0x1017)
注記

Mellanox カードの場合、VF をホストにプロビジョニングする前に SR-IOV がファームウェアで有効にされていることを確認します。

6.5.2. SR-IOV プラグインおよび daemonset の作成

注記

SR-IOV VF の作成は、SR-IOV デバイスプラグインおよび SR-IOV CNI では処理されません。SR-IOV VF をホストにプロビジョニングするには、これを手動で設定する必要があります。

SR-IOV ネットワークプラグインおよび SR-IOV CNI プラグインを使用するには、クラスター内の各ノード上で、両方のプラグインをデーモンモードで実行します。

  1. 以下の内容を含む openshift-sriov namespace の YAML ファイルを作成します。

    apiVersion: v1
    kind: Namespace
    metadata:
      name: openshift-sriov
      labels:
        name: openshift-sriov
        openshift.io/run-level: "0"
      annotations:
        openshift.io/node-selector: ""
        openshift.io/description: "Openshift SR-IOV network components"
  2. 以下のコマンドを実行して、openshift-sriov namespace を作成します。

    $ oc create -f openshift-sriov.yaml
  3. 以下の内容を含む sriov-device-plugin サービスアカウントの YAML ファイルを作成します。

    apiVersion: v1
    kind: ServiceAccount
    metadata:
      name: sriov-device-plugin
      namespace: openshift-sriov
  4. 以下のコマンドを実行し、sriov-device-plugin サービスアカウントを作成します。

    $ oc create -f sriov-device-plugin.yaml
  5. 以下の内容を含む sriov-cni サービスアカウントの YAML ファイルを作成します。

    apiVersion: v1
    kind: ServiceAccount
    metadata:
      name: sriov-cni
      namespace: openshift-sriov
  6. 以下のコマンドを実行し、sriov-cni サービスアカウントを作成します。

    $ oc create -f sriov-cni.yaml
  7. 以下の内容を含む sriov-device-plugin DaemonSet の YAML ファイルを作成します。

    注記

    SR-IOV ネットワークデバイスプラグインデーモンは、起動時に各ホストで設定されたすべての (サポートされている NIC モデルの) SR-IOV VF を検出し、検出されたリソースを公開します。割り当てることのできる利用可能な SR-IOV VF リソースの数は、oc describe node <node-name> コマンドでノードを記述して確認できます。SR-IOV VF リソースのリソース名は openshift.io/sriov です。ノードで利用可能な SR-IOV VF がない場合、ゼロ (0) の値が表示されます。

    kind: DaemonSet
    apiVersion: apps/v1
    metadata:
      name: sriov-device-plugin
      namespace: openshift-sriov
      annotations:
        kubernetes.io/description: |
          This daemon set launches the SR-IOV network device plugin on each node.
    spec:
      selector:
        matchLabels:
          app: sriov-device-plugin
      updateStrategy:
        type: RollingUpdate
      template:
        metadata:
          labels:
            app: sriov-device-plugin
            component: network
            type: infra
            openshift.io/component: network
        spec:
          hostNetwork: true
          nodeSelector:
            beta.kubernetes.io/os: linux
          tolerations:
          - operator: Exists
          serviceAccountName: sriov-device-plugin
          containers:
          - name: sriov-device-plugin
            image: quay.io/openshift/ose-sriov-network-device-plugin:v4.0.0
            args:
            - --log-level=10
            securityContext:
              privileged: true
            volumeMounts:
            - name: devicesock
              mountPath: /var/lib/kubelet/
              readOnly: false
            - name: net
              mountPath: /sys/class/net
              readOnly: true
          volumes:
            - name: devicesock
              hostPath:
                path: /var/lib/kubelet/
            - name: net
              hostPath:
                path: /sys/class/net
  8. 以下のコマンドを実行し、sriov-device-plugin DaemonSet を作成します。

    oc create -f sriov-device-plugin.yaml
  9. 以下の内容を含む sriov-cni DaemonSet の YAML ファイルを作成します。

    kind: DaemonSet
    apiVersion: apps/v1
    metadata:
      name: sriov-cni
      namespace: openshift-sriov
      annotations:
        kubernetes.io/description: |
          This daemon set launches the SR-IOV CNI plugin on SR-IOV capable worker nodes.
    spec:
      selector:
        matchLabels:
          app: sriov-cni
      updateStrategy:
        type: RollingUpdate
      template:
        metadata:
          labels:
            app: sriov-cni
            component: network
            type: infra
            openshift.io/component: network
        spec:
          nodeSelector:
            beta.kubernetes.io/os: linux
          tolerations:
          - operator: Exists
          serviceAccountName: sriov-cni
          containers:
          - name: sriov-cni
            image: quay.io/openshift/ose-sriov-cni:v4.0.0
            securityContext:
              privileged: true
            volumeMounts:
            - name: cnibin
              mountPath: /host/opt/cni/bin
          volumes:
            - name: cnibin
              hostPath:
                path: /var/lib/cni/bin
  10. 以下のコマンドを実行し、sriov-cni DaemonSet を作成します。

    $ oc create -f sriov-cni.yaml

6.5.3. SR-IOV を使用した追加インターフェースの設定

  1. SR-IOV 設定を使用してカスタムリソース (CR) の YAML ファイルを作成します。以下の CR の name フィールドには、値 sriov-conf が含まれます。

    apiVersion: "k8s.cni.cncf.io/v1"
    kind: NetworkAttachmentDefinition
    metadata:
      name: sriov-conf
      annotations:
        k8s.v1.cni.cncf.io/resourceName: openshift.io/sriov 1
    spec:
      config: '{
          "type": "sriov", 2
          "name": "sriov-conf",
          "ipam": {
            "type": "host-local",
            "subnet": "10.56.217.0/24",
            "routes": [{
              "dst": "0.0.0.0/0"
            }],
            "gateway": "10.56.217.1"
          }
        }'
    1
    k8s.v1.cni.cncf.io/resourceName アノテーションは openshift.io/sriov に設定されます。
    2
    typesriov に設定されます。
  2. 以下のコマンドを実行して、sriov-conf CR を作成します。

    $ oc create -f sriov-conf.yaml
  3. NetworkAttachmentDefinition の名前を参照し、1 つの openshift.io/sriov リソースを参照する Pod の YAML ファイルを作成します。

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: sriovsamplepod
      annotations:
        k8s.v1.cni.cncf.io/networks: sriov-conf
    spec:
      containers:
      - name: sriovsamplepod
        command: ["/bin/bash", "-c", "sleep 2000000000000"]
        image: centos/tools
        resources:
          requests:
            openshift.io/sriov: '1'
          limits:
            openshift.io/sriov: '1'
  4. 以下のコマンドを実行して sriovsamplepod Pod を作成します。

    $ oc create -f sriovsamplepod.yaml
  5. ip コマンドを実行して、追加のインターフェースを表示します。

    $ oc exec sriovsamplepod -- ip a
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.