検索

第2章 OpenShift CLI (oc)

download PDF

2.1. OpenShift CLI の使用を開始する

2.1.1. OpenShift CLI について

OpenShift CLI (oc) を使用すると、ターミナルからアプリケーションを作成し、OpenShift Container Platform プロジェクトを管理できます。OpenShift CLI は以下の状況に適しています。

  • プロジェクトソースコードを直接使用している。
  • OpenShift Container Platform 操作をスクリプト化する。
  • 帯域幅リソースによる制限があり、Web コンソールが利用できない状況でのプロジェクトの管理

2.1.2. OpenShift CLI のインストール

OpenShift CLI(oc) をインストールするには、バイナリーをダウンロードするか、RPM を使用します。

2.1.2.1. バイナリーのダウンロードによる OpenShift CLI のインストール

コマンドラインインターフェイスを使用して OpenShift Container Platform と対話するために CLI (oc) をインストールすることができます。oc は Linux、Windows、または macOS にインストールできます。

重要

以前のバージョンの oc をインストールしている場合、これを使用して OpenShift Container Platform 4.15 のすべてのコマンドを実行することはできません。新規バージョンの oc をダウンロードし、インストールします。

Linux への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを Linux にインストールできます。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの OpenShift Container Platform ダウンロードページ に移動します。
  2. Product Variant ドロップダウンリストからアーキテクチャーを選択します。
  3. バージョン ドロップダウンリストから適切なバージョンを選択します。
  4. OpenShift v4.15 Linux Client エントリーの横にある Download Now をクリックして、ファイルを保存します。
  5. アーカイブを展開します。

    $ tar xvf <file>
  6. oc バイナリーを、PATH にあるディレクトリーに配置します。

    PATH を確認するには、以下のコマンドを実行します。

    $ echo $PATH

検証

  • OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

    $ oc <command>
Windows への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを Windows にインストールできます。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの OpenShift Container Platform ダウンロードページ に移動します。
  2. バージョン ドロップダウンリストから適切なバージョンを選択します。
  3. OpenShift v4.15 Windows Client エントリーの横にある Download Now をクリックして、ファイルを保存します。
  4. ZIP プログラムでアーカイブを展開します。
  5. oc バイナリーを、PATH にあるディレクトリーに移動します。

    PATH を確認するには、コマンドプロンプトを開いて以下のコマンドを実行します。

    C:\> path

検証

  • OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

    C:\> oc <command>
macOC への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを macOS にインストールできます。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの OpenShift Container Platform ダウンロードページ に移動します。
  2. バージョン ドロップダウンリストから適切なバージョンを選択します。
  3. OpenShift v4.15 macOS Client エントリーの横にある Download Now をクリックして、ファイルを保存します。

    注記

    macOS arm64 の場合は、OpenShift v4.15 macOS arm64 Client エントリーを選択します。

  4. アーカイブを展開し、解凍します。
  5. oc バイナリーをパスにあるディレクトリーに移動します。

    PATH を確認するには、ターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。

    $ echo $PATH

検証

  • OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

    $ oc <command>

2.1.2.2. Web コンソールを使用した OpenShift CLI のインストール

OpenShift CLI(oc) をインストールして、Web コンソールから OpenShift Container Platform と対話できます。oc は Linux、Windows、または macOS にインストールできます。

重要

以前のバージョンの oc をインストールしている場合、これを使用して OpenShift Container Platform 4.15 のすべてのコマンドを実行することはできません。新しいバージョンの oc をダウンロードしてインストールしてください。

2.1.2.2.1. Web コンソールを使用した Linux への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを Linux にインストールできます。

手順

  1. Web コンソールで ? をクリックします。

    クエスチョンマークをクリックします
  2. コマンドラインツール をクリックします。

    CLI 一覧
  3. Linux プラットフォームに適した oc binary を選択してから、Download oc for Linux をクリックします。
  4. ファイルを保存します。
  5. アーカイブを展開します。

    $ tar xvf <file>
  6. oc バイナリーを、PATH にあるディレクトリーに移動します。

    PATH を確認するには、以下のコマンドを実行します。

    $ echo $PATH

OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

$ oc <command>
2.1.2.2.2. Web コンソールを使用した Windows への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを Windows にインストールできます。

手順

  1. Web コンソールで ? をクリックします。

    クエスチョンマークをクリックします
  2. コマンドラインツール をクリックします。

    CLI 一覧
  3. Windows プラットフォームの oc バイナリーを選択してから、Download oc for Windows for x86_64 をクリックします。
  4. ファイルを保存します。
  5. ZIP プログラムでアーカイブを展開します。
  6. oc バイナリーを、PATH にあるディレクトリーに移動します。

    PATH を確認するには、コマンドプロンプトを開いて以下のコマンドを実行します。

    C:\> path

OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

C:\> oc <command>
2.1.2.2.3. Web コンソールを使用した macOS への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを macOS にインストールできます。

手順

  1. Web コンソールで ? をクリックします。

    クエスチョンマークをクリックします
  2. コマンドラインツール をクリックします。

    CLI 一覧
  3. macOS プラットフォームの oc バイナリーを選択し、Download oc for Mac for x86_64 をクリックします。

    注記

    macOS arm64 の場合は、Download oc for Mac for ARM 64 をクリックします。

  4. ファイルを保存します。
  5. アーカイブを展開し、解凍します。
  6. oc バイナリーをパスにあるディレクトリーに移動します。

    PATH を確認するには、ターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。

    $ echo $PATH

OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

$ oc <command>

2.1.2.3. RPM を使用した OpenShift CLI のインストール

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) の場合、Red Hat アカウントに有効な OpenShift Container Platform サブスクリプションがある場合は、OpenShift CLI (oc) を RPM としてインストールできます。

注記

OpenShift CLI (oc) を Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 9 の RPM としてインストールすることはできません。バイナリーをダウンロードし、RHEL 9 の OpenShift CLI をインストールする必要があります。

前提条件

  • root または sudo の権限がある。

手順

  1. Red Hat Subscription Manager に登録します。

    # subscription-manager register
  2. 最新のサブスクリプションデータをプルします。

    # subscription-manager refresh
  3. 利用可能なサブスクリプションをリスト表示します。

    # subscription-manager list --available --matches '*OpenShift*'
  4. 直前のコマンドの出力で、OpenShift Container Platform サブスクリプションのプール ID を見つけ、これを登録されたシステムにアタッチします。

    # subscription-manager attach --pool=<pool_id>
  5. OpenShift Container Platform 4.15 で必要なリポジトリーを有効にします。

    # subscription-manager repos --enable="rhocp-4.15-for-rhel-8-x86_64-rpms"
  6. openshift-clients パッケージをインストールします。

    # yum install openshift-clients

CLI のインストール後は、oc コマンドを使用して利用できます。

$ oc <command>

2.1.2.4. Homebrew を使用した OpenShift CLI のインストール

macOS の場合は、Homebrew パッケージマネージャーを使用して OpenShift CLI (oc) をインストールできます。

前提条件

  • Homebrew (brew) がインストールされている。

手順

  • 以下のコマンドを実行して openshift-cli パッケージをインストールします。

    $ brew install openshift-cli

2.1.3. OpenShift CLI へのログイン

OpenShift CLI (oc) にログインしてクラスターにアクセスし、これを管理できます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターへのアクセス。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
注記

HTTP プロキシーサーバー上でのみアクセスできるクラスターにアクセスするには、HTTP_PROXYHTTPS_PROXY および NO_PROXY 変数を設定できます。これらの環境変数は、クラスターとのすべての通信が HTTP プロキシーを経由するように oc CLI で使用されます。

認証ヘッダーは、HTTPS トランスポートを使用する場合にのみ送信されます。

手順

  1. oc login コマンドを入力し、ユーザー名を渡します。

    $ oc login -u user1
  2. プロンプトが表示されたら、必要な情報を入力します。

    出力例

    Server [https://localhost:8443]: https://openshift.example.com:6443 1
    The server uses a certificate signed by an unknown authority.
    You can bypass the certificate check, but any data you send to the server could be intercepted by others.
    Use insecure connections? (y/n): y 2
    
    Authentication required for https://openshift.example.com:6443 (openshift)
    Username: user1
    Password: 3
    Login successful.
    
    You don't have any projects. You can try to create a new project, by running
    
        oc new-project <projectname>
    
    Welcome! See 'oc help' to get started.

    1
    OpenShift Container Platform サーバー URL を入力します。
    2
    非セキュアな接続を使用するかどうかを入力します。
    3
    ユーザーのパスワードを入力します。
注記

Web コンソールにログインしている場合には、トークンおよびサーバー情報を含む oc login コマンドを生成できます。このコマンドを使用して、対話プロンプトなしに OpenShift Container Platform CLI にログインできます。コマンドを生成するには、Web コンソールの右上にあるユーザー名のドロップダウンメニューから Copy login command を選択します。

これで、プロジェクトを作成でき、クラスターを管理するための他のコマンドを実行することができます。

2.1.4. Web ブラウザーを使用した OpenShift CLI へのログイン

Web ブラウザーを使用して OpenShift CLI (oc) にログインし、クラスターにアクセスして管理できます。これにより、ユーザーはアクセストークンをコマンドラインに挿入する必要がなくなります。

警告

Web ブラウザー経由で CLI にログインすると、HTTPS ではなく HTTP を使用してローカルホスト上のサーバーが実行します。マルチユーザーワークステーションでは注意して使用してください。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターへのアクセス。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • ブラウザーがインストールされている。

手順

  1. --web フラグを指定して oc login コマンドを入力します。

    $ oc login <cluster_url> --web 1
    1
    オプションで、サーバー URL とコールバックポートを指定できます。たとえば、oc login <cluster_url> --web --callback-port 8280 localhost:8443
  2. Web ブラウザーが自動的に開きます。表示されない場合は、コマンド出力内のリンクをクリックします。OpenShift Container Platform サーバーを指定しない場合、oc は現在の oc 設定ファイルで指定されているクラスターの Web コンソールを開こうとします。oc 設定が存在しない場合、oc はサーバー URL を対話的に要求します。

    出力例

    Opening login URL in the default browser: https://openshift.example.com
    Opening in existing browser session.

  3. 複数の認証プロバイダーが使用できる場合は、提供されるオプションから選択します。
  4. ユーザー名とパスワードをブラウザーの対応するフィールドに入力します。ログインすると、ブラウザーには access token received successfully; please return to your terminal と表示されます。
  5. CLI でログイン確認を確認します。

    出力例

    Login successful.
    
    You don't have any projects. You can try to create a new project, by running
    
        oc new-project <projectname>

注記

Web コンソールのデフォルトは、前のセッションで使用されたプロファイルになります。管理者プロファイルと開発者プロファイルを切り替えるには、OpenShift Container Platform Web コンソールからログアウトし、キャッシュをクリアします。

これで、プロジェクトを作成でき、クラスターを管理するための他のコマンドを実行することができます。

2.1.5. OpenShift CLI の使用

以下のセクションで、CLI を使用して一般的なタスクを実行する方法を確認します。

2.1.5.1. プロジェクトの作成

新規プロジェクトを作成するには、oc new-project コマンドを使用します。

$ oc new-project my-project

出力例

Now using project "my-project" on server "https://openshift.example.com:6443".

2.1.5.2. 新しいアプリケーションの作成

新規アプリケーションを作成するには、oc new-app コマンドを使用します。

$ oc new-app https://github.com/sclorg/cakephp-ex

出力例

--> Found image 40de956 (9 days old) in imagestream "openshift/php" under tag "7.2" for "php"

...

    Run 'oc status' to view your app.

2.1.5.3. Pod の表示

現在のプロジェクトの Pod を表示するには、oc get pods コマンドを使用します。

注記

Pod 内で oc を実行し、namespace を指定しない場合は、Pod の namespace がデフォルトで使用されます。

$ oc get pods -o wide

出力例

NAME                  READY   STATUS      RESTARTS   AGE     IP            NODE                           NOMINATED NODE
cakephp-ex-1-build    0/1     Completed   0          5m45s   10.131.0.10   ip-10-0-141-74.ec2.internal    <none>
cakephp-ex-1-deploy   0/1     Completed   0          3m44s   10.129.2.9    ip-10-0-147-65.ec2.internal    <none>
cakephp-ex-1-ktz97    1/1     Running     0          3m33s   10.128.2.11   ip-10-0-168-105.ec2.internal   <none>

2.1.5.4. Pod ログの表示

特定の Pod のログを表示するには、oc logs コマンドを使用します。

$ oc logs cakephp-ex-1-deploy

出力例

--> Scaling cakephp-ex-1 to 1
--> Success

2.1.5.5. 現在のプロジェクトの表示

現在のプロジェクトを表示するには、oc project コマンドを使用します。

$ oc project

出力例

Using project "my-project" on server "https://openshift.example.com:6443".

2.1.5.6. 現在のプロジェクトのステータスの表示

サービス、デプロイメント、およびビルド設定などの現在のプロジェクトについての情報を表示するには、oc status コマンドを使用します。

$ oc status

出力例

In project my-project on server https://openshift.example.com:6443

svc/cakephp-ex - 172.30.236.80 ports 8080, 8443
  dc/cakephp-ex deploys istag/cakephp-ex:latest <-
    bc/cakephp-ex source builds https://github.com/sclorg/cakephp-ex on openshift/php:7.2
    deployment #1 deployed 2 minutes ago - 1 pod

3 infos identified, use 'oc status --suggest' to see details.

2.1.5.7. サポートされる API のリソースのリスト表示

サーバー上でサポートされる API リソースのリストを表示するには、oc api-resources コマンドを使用します。

$ oc api-resources

出力例

NAME                                  SHORTNAMES       APIGROUP                              NAMESPACED   KIND
bindings                                                                                     true         Binding
componentstatuses                     cs                                                     false        ComponentStatus
configmaps                            cm                                                     true         ConfigMap
...

2.1.6. ヘルプの表示

CLI コマンドおよび OpenShift Container Platform リソースに関するヘルプを以下の方法で表示することができます。

  • 利用可能なすべての CLI コマンドのリストおよび説明を表示するには、oc help を使用します。

    例: CLI についての一般的なヘルプの表示

    $ oc help

    出力例

    OpenShift Client
    
    This client helps you develop, build, deploy, and run your applications on any OpenShift or Kubernetes compatible
    platform. It also includes the administrative commands for managing a cluster under the 'adm' subcommand.
    
    Usage:
      oc [flags]
    
    Basic Commands:
      login           Log in to a server
      new-project     Request a new project
      new-app         Create a new application
    
    ...

  • 特定の CLI コマンドについてのヘルプを表示するには、--help フラグを使用します。

    例: oc create コマンドについてのヘルプの表示

    $ oc create --help

    出力例

    Create a resource by filename or stdin
    
    JSON and YAML formats are accepted.
    
    Usage:
      oc create -f FILENAME [flags]
    
    ...

  • 特定リソースに関する説明およびフィールドを表示するには、oc explain コマンドを使用します。

    例: Pod リソースのドキュメントの表示

    $ oc explain pods

    出力例

    KIND:     Pod
    VERSION:  v1
    
    DESCRIPTION:
         Pod is a collection of containers that can run on a host. This resource is
         created by clients and scheduled onto hosts.
    
    FIELDS:
       apiVersion	<string>
         APIVersion defines the versioned schema of this representation of an
         object. Servers should convert recognized schemas to the latest internal
         value, and may reject unrecognized values. More info:
         https://git.k8s.io/community/contributors/devel/api-conventions.md#resources
    
    ...

2.1.7. OpenShift CLI からのログアウト

OpenShift CLI からログアウトし、現在のセッションを終了することができます。

  • oc logout コマンドを使用します。

    $ oc logout

    出力例

    Logged "user1" out on "https://openshift.example.com"

これにより、サーバーから保存された認証トークンが削除され、設定ファイルから除去されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.