検索

7.2. サービスのクラスの割り当て

download PDF
サービス定義 (CoS) は、アプリケーションに透過的な方法でエントリー間で属性を共有します。CoS はエントリー管理を簡素化し、ストレージ要件を削減します。
Directory Server のクライアントは、ユーザーのエントリーの属性を読み取ります。CoS では、一部の属性値はエントリー自体に保存されない可能性があります。代わりに、エントリーがクライアントアプリケーションに送信されるため、これらの属性の値はサービスロジックのクラスによって生成されます。
各 CoS は、ディレクトリー内に 2 種類のエントリーで構成されます。
  • CoS 定義エントリー。CoS 定義エントリーは、使用される CoS のタイプを識別します。ロール定義エントリーと同様に、LDAPsubentry オブジェクトクラスから継承されます。CoS 定義エントリーは、有効なブランチの下にあります。
  • テンプレートエントリー。CoS テンプレートエントリーには、共有属性値の一覧が含まれます。テンプレートエントリー属性値への変更は、CoS の範囲内のすべてのエントリーに自動的に適用されます。1 つの CoS に、複数のテンプレートエントリーが関連付けられている場合があります。
CoS 定義エントリーとテンプレートエントリーは、CoS の範囲内で任意のターゲットエントリーに属性情報を提供するために対話します。

7.2.1. CoS 定義エントリーの概要

CoS 定義エントリーは、cosSuperDefinition オブジェクトクラスのインスタンスです。CoS 定義エントリーには、エントリーを生成するために使用するテンプレートエントリーのタイプを指定する 3 つのオブジェクトクラスのいずれか 1 つも含まれています。CoS と対話するターゲットエントリーは、CoS 定義エントリーと同じ親を共有します。
CoS には 3 つのタイプの CoS 定義エントリーを使用して定義されます。
  • ポインター CoS。ポインター CoS は、テンプレート DN のみを使用してテンプレートエントリーを特定します。
  • 間接的な CoS。間接 CoS は、ターゲットエントリーの属性の 1 つを使用してテンプレートエントリーを識別します。たとえば、間接的な CoS はターゲットエントリーの manager 属性を指定する場合があります。次に、manager 属性の値を使用してテンプレートエントリーを特定します。
    ターゲットエントリーの属性は単値であり、DN が含まれる必要があります。
  • Classic CoS。Classic CoS は、テンプレートエントリーのベース DN とターゲットエントリーの属性の 1 つの値を使用してテンプレートエントリーを特定します。
CoS の各タイプのオブジェクトクラスおよび属性に関する詳細は、「コマンドラインでの CoS の管理」を参照してください。
CoS ロジックが、CoS が値を生成する属性を含むことを検出すると、デフォルトでは CoS が値を生成する属性を検出すると、クライアントアプリケーションにエントリー自体の属性値が提供されます。ただし、CoS 定義エントリーはこの動作を制御できます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.