検索

9.2. 最小強度係数の設定

download PDF
追加のセキュリティーを確保するために、Directory Server は、接続を許可する前に特定の暗号化レベルを必要とするように設定できます。Directory Server は、すべての接続に特定のセキュリティー 強度係数 (SFF) を定義し、要求できます。SSF は、接続または操作に対するキー強度によって定義される最小限の暗号化レベルを設定します。
すべてのディレクトリー操作に最小限の SSF を必要とするには、nsslapd-minssf 設定属性を設定します。最小 SSF を適用する場合、Directory Server は操作で使用可能な各暗号化タイプ (TLS または SASL) を調べ、どちらの SSF 値が高いかを判断し、高い値を最小 SSF と比較します。SASL 認証と TLS は、レプリケーションなどのサーバー間の接続に対して、SASL 認証と TLS の両方を設定できます。
注記
または、nsslapd-minssf-exclude-rootdse 設定属性を使用します。これにより、ルート DSE に対するクエリーを 除き、Directory Server へのすべての接続の最小 SSF 設定が設定されます。クライアントは、操作を開始する前に、デフォルトの命名コンテキストなどのサーバー設定に関する情報を取得しないといけない場合があります。nsslapd-minssf-exclude-rootdse 属性を使用すると、クライアントは最初にセキュアな接続を確立しなくてもその情報を取得できます。
接続の最初の操作が開始すると、接続の SSF が評価されます。これにより、2 つの接続が通常の接続を開始した場合でも、StartTLS および SASL バインドは成功します。TLS セッションまたは SASL セッションが開かれると、SSF が評価されます。SSF 要件を満たさない接続は、LDAP がエラーを実行することを拒否して閉じられます。
最小の SSF を設定して、セキュアでない接続がディレクトリーへの接続を無効にします。
警告
SASL を使用せずに暗号化されていない LDAP プロトコルを使用してディレクトリーに接続する場合、最初の LDAP メッセージにはバインド要求を含めることができます。この場合、SSF は設定された最小値を満たしていないため、サーバーが接続をキャンセルする前に、認証情報がネットワーク経由で暗号化されずに送信されます。
LDAPS プロトコルまたは SASL バインドを使用して、認証情報を暗号化せず送信しないようにします。
デフォルトの nsslapd-minssf 属性値は 0 です。これは、サーバー接続の最小 SSF がないことを意味します。値は、適切な正の整数に設定できます。値は、セキュアな接続に必要な鍵強度を表します。
以下の例では、nsslapd-minssf 属性を cn=config エントリーに追加します。
# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -x

dn: cn=config
changetype: modify
replace: nsslapd-minssf
nsslapd-minssf: 128
注記
ACI は、「接続に一定レベルのセキュリティーの要求」にあるように、特定タイプの操作に SSF を必要とするように設定できます。
「セキュアなバインドの要求」にあるように、nsslapd-require-secure-binds 属性をオンにすることで、バインド操作にセキュアな接続が必要になる場合があります。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.