検索

20.6.2. コマンドラインでの Directory Server の監視

download PDF
Directory Server の現在のアクティビティーは、以下の特性を持つ ldapsearch などの LDAP ツールを使用して監視できます。
  • 属性 filterobjectclass =* で検索します
  • 検索ベースの cn=monitor を使用します。サーバーの監視属性は cn=monitor エントリーにあります。
  • 検索範囲 ベース を使用します。
以下に例を示します。
# ldapsearch -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x -s base -b "cn=monitor" "(objectclass=*)"
Directory Server の監視属性は cn=monitor エントリーにあります。Directory Server の検索に関する情報は、「ldapsearch の使用」 を参照してください。
表20.7 サーバーモニタリングの属性
属性 説明
バージョン ディレクトリーの現在のバージョン番号を指定します。
スレッド リクエストの処理に使用される現在のアクティブなスレッドの数。追加のスレッドは、レプリケーションやチェーンなどの内部サーバータスクで作成できます。
connection:fd:opentime:opsinitiated:opscompleted:binddn:[rw] オープン接続ごとに以下の概要情報を提供します(Directory Manager としてディレクトリーにバインドする場合にのみ利用可能)。
表20.7 サーバーモニタリングの属性
fd: この接続に使用するファイル記述子。
opentime - 接続が開かれた時間。
opsinitiated: この接続によって開始される操作の数。
opscompleted: 完了した操作の数
bindDN: ディレクトリーに接続するためにこの接続によって使用される識別名。
rw: 接続が読み取りまたは書き込みのためにブロックされると表示されるフィールド。
デフォルトでは、この情報は Directory Manager で利用できます。ただし、この情報に関連付けられている ACI は、他の情報にアクセスできるように編集できます。
currentconnections ディレクトリーで現在サービスにある接続の数を特定します。
totalconnections 起動してからディレクトリーによって処理される接続の数を特定します。
dtablesize は、ディレクトリーで利用可能なファイル記述子の数を表示します。各接続には、オープンインデックスごとに 1 つのファイル記述子、ログファイル管理用のファイル、および ns-slapd 自体に 1 つ必要です。基本的に、この値は、ディレクトリーが提供できる追加の同時接続の数を示します。ファイル記述子の詳細は、オペレーティングシステムのドキュメントを参照してください。
readwaiters クライアントからデータの読み取りを待機するスレッドの数を特定します。
opsinitiated 起動後にサーバーが開始した操作の数を特定します。
opscompleted 起動してからサーバーが完了した操作の数を特定します。
entriessent サーバー起動以降にクライアントに送信されるエントリーの数を特定します。
bytesSent サーバーが起動してからクライアントに送信されたバイト数を特定します。
currenttime サーバーのこのスナップショットが作成された時間を指定します。この時間は Greenwich Mean Time(GMT)で UTC 形式で表示されます。
rhncfg サーバーが起動した時間を指定します。この時間は Greenwich Mean Time(GMT)で UTC 形式で表示されます。
nbackends サーバーサービスのバックエンド(データベース)の数を指定します。
backendmonitordn 各ディレクトリーデータベースの DN を識別します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.