検索

19.8. パスワードベースのアカウントロックアウトポリシーの設定

download PDF
アカウントのロックアウトは、ユーザーのパスワードを繰り返し推測することで、ディレクトリーに分割を試行するハッカーから保護されます。パスワードポリシーを設定して、特定のユーザーが指定した数のバインドの試行後にディレクトリーからロックされるようにできます。

19.8.1. コンソールを使用したアカウントロックアウトポリシーの設定

Directory Server のアカウントロックアウトポリシーを設定または変更するには、以下を実行します。
  1. Configuration タブを選択し、Data ノードを選択します。
  2. 右側のペインで、Account Lockout タブを選択します。
  3. アカウントのロックアウトを有効にするには、Accounts may be locked out のチェックボックスを選択します。
  4. X ログインの失敗テキストボックスの後に、Lockout アカウントに 許可されるバインド失敗の最大数を入力します。サーバーは、ここで指定した制限を超えるユーザーをロックします。
  5. X minutes テキストボックスの後に Reset failure カウンターに、サーバーが待機した後に、バインド失敗カウンターがゼロにリセットされるまでの数分を入力します。
  6. ユーザーがディレクトリーからロックされる間隔を設定します。
    • パスワードを管理者がリセットするまで ロックアウト ラジオボタンを選択し てユーザーをロックアウトします。
    • Lockout Duration ラジオボタンを選択し、テキストボックスに時間(分単位)を入力して、特定のロックアウト期間を設定します。
  7. Save をクリックします。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.