検索

15.11. 読み取り専用レプリカの設定

download PDF
読み取り専用のサーバーを書き込み可能にすると、レプリカを専用のコンシューマーまたはハブからサプライヤーに変更できます。
  1. 実行中の更新がないことを確認します。
  2. サプライヤーサーバーを停止します。
  3. 変更ログを有効にします。
    # ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x
    dn: cn=changelog5,cn=config
    
    changetype: add
    objectClass: top
    objectClass: extensibleObject
    cn: changelog5
    nsslapd-changelogdir: /var/lib/dirsrv/slapd-instance_name/changelogdb/
  4. レプリカロールを変更します。
    • 単一マスターの場合:
      # ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x
      dn: cn=replica,cn=dc\3Dexample\2Cdc\3Dcom,cn=mapping tree,cn=config
      changetype: modify
      replace: nsDS5ReplicaType
      nsDS5ReplicaType: 3
      -
      replace: nsDS5Flags
      nsDS5Flags: 1
      -
      replace: nsDS5ReplicaId
      nsDS5ReplicaId: unique_replica_id
      -
      delete: nsDS5ReplicaBindDN
    • マルチマスターの場合:
      # ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x
      dn: cn=replica,cn=dc\3Dexample\2Cdc\3Dcom,cn=mapping tree,cn=config
      changetype: modify
      replace: nsDS5ReplicaType
      nsDS5ReplicaType: 3
      -
      replace: nsDS5Flags
      nsDS5Flags: 1
      -
      replace: nsDS5ReplicaId
      nsDS5ReplicaId: unique_replica_id
      -
      replace: nsDS5ReplicaBindDN
      nsDS5ReplicaBindDN: cn=Replication Manager,cn=config
  5. Directory Server インスタンスを停止します。
    # systemctl stop dirsrv
  6. /etc/dirsrv/slapd-instance/dse.ldif ファイルをバックアップします。
    # cp /etc/dirsrv/slapd-instance_name/dse.ldif \
         /etc/dirsrv/slapd-instance_name/dse.ldif-1
    バックアップファイル dse.ldif.bak には名前を付けないでください。Directory Server は、このファイル名を使用して dse.ldif ファイルの既知の作業コピーを保持します。
  7. /etc/dirsrv/slapd-instance_name/dse.ldif ファイルを編集します。
    1. レプリカ合意を検索します。以下に例を示します。
      dn: cn=replica,cn=dc\5c3Dexample\5c2Cdc\5c3Dcom,cn=mapping tree,cn=config
    2. すべてのレプリカ合意から nsState 属性を含む行を削除します。
  8. Directory Server インスタンスを停止します。
    # systemctl start dirsrv.target
  9. エラーメッセージがないか、エラーログファイルを監視します。詳細は、「ログの表示」 を参照してください。
    レプリケーションが失敗した場合は、以下を行います。
    1. すべてのレプリカ合意を削除します( 「レプリケーショントポロジーからのサプライヤーの削除」 )。
    2. レプリケーションを無効にします: 「レプリカ合意の無効化および再有効化」
    3. changelog 設定を削除します( 「Changelog の削除」 )。
    4. Directory Server および管理コンソールを再起動します。
      # systemctl restart dirsrv.target
      # systemctl restart dirsrv-admin.service
    5. レプリケーションを有効にします( 「レプリカ合意の無効化および再有効化」 )。
    6. レプリカ合意の作成: 「レプリケーションシナリオ」
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.