検索

9.8. 証明書ベースのクライアント認証の使用

download PDF
Directory Server は、LDAP クライアントの証明書ベースの認証と、レプリケーションなどのサーバー間接続をサポートします。
証明書ベースの認証を有効にしている場合は、設定によっては、クライアントが証明書を使用して認証したり、認証する必要があります。証明書を検証した後に、サーバーは証明書の subject フィールドの属性に基づいて、ディレクトリー内のユーザーを検索します。検索でユーザーエントリーを 1 つだけ返すと、Directory Server はこのユーザーを使用してすべての操作を行います。必要に応じて、認証に使用される証明書を、ユーザーの userCertificate 属性に保存されている Distinguished Encoding Rules(DER)形式の証明書と一致するように設定できます。
証明書ベースの認証を使用する利点:
  • 効率が改善されました。証明書データベースのパスワードに一度要求されたアプリケーションを使用し、その証明書を後続のバインドまたは認証操作に使用すると、バインド DN およびパスワードを継続的に提供するよりも効率的です。
  • セキュリティーが改善されました。証明書ベースの認証は、証明書ベースの認証では公開鍵の暗号化が使用されるため、証明書以外のバインド操作よりも安全です。バインド認証情報はネットワーク全体で傍受することはできません。証明書やデバイスが失われた場合は、PIN なしで使用しないため、フィッシング攻撃などのサードパーティーの干渉の影響を受けません。

9.8.1. 証明書ベースの認証の設定

証明書ベースの認証を有効にするには、以下を行います。
  1. 暗号化された接続を有効にします。詳細は「TLS の有効化」を参照してください。
  2. CA 証明書をインストールし、クライアントとサーバーの接続の信頼オプションを設定します。「CA 証明書のインストール」を参照してください。
  3. 必要に応じて、クライアントおよびサーバーの CT,, 信頼オプションが CA 証明書に設定されていることを確認します。
    # certutil -d /etc/dirsrv/slapd-instance_name/ -L
    Certificate Nickname                Trust Attributes
                                        SSL,S/MIME,JAR/XPI
    
    Example CA                          CT,,
  4. /etc/dirsrv/slapd-instance_name/certmap.conf ファイルを作成し、証明書から Directory Server ユーザーへ情報をマッピングします。以下に例を示します。
    certmap default         default
    default:DNComps         dc
    default:FilterComps     mail,cn
    default:VerifyCert      on
    
    certmap example         o=Example Inc.,c=US
    example:DNComps
    これは、この発行者には DNComps パラメーターが空に設定されているため、o=Example Inc.,c=US 発行者識別名 (DN) セットを持つ証明書を使用するユーザーを認証するため、Directory Server が証明書のサブジェクトからベース DN を生成しないように設定されています。また、FilterComps および VerifyCert の設定も、デフォルトのエントリーから継承されます。
    指定の証明書とは異なる発行者 DN を持つ証明書は default エントリーの設定を使用し、証明書のサブジェクトの cn 属性に基づいてベース DN を生成します。これにより、ディレクトリー全体を検索せずに、Directory Server が特定の DN で検索を開始できます。
    すべての証明書について、Directory Server は、証明書のサブジェクトの mail 属性および cn 属性を使用して検索フィルターを生成します。ただし、mail がサブジェクトに存在しない場合は、Directory Server はサブジェクトで証明書の e 属性の値を自動的に使用します。
  5. クライアント認証を有効にします。たとえば、クライアント認証を任意に設定するには、以下を実行します。
    # ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x -Z
    
    dn: cn=encryption,cn=config
    changetype: modify
    replace: nsSSLClientAuth
    nsSSLClientAuth: allowed
    または、nsSSLClientAuth パラメーターを required に設定して、クライアントが認証に使用する必要のある証明書を設定します。
    重要
    Directory Server コンソールは、クライアント認証に対応していません。nsSSLClientAuthrequired に設定すると、コンソールを使用してインスタンスを管理することはできません。
  6. /etc/dirsrv/slapd-instance_name/certmap.conf ファイルで alias_name:VerifyCert on を設定して、認証証明書がユーザーの userCertificate 属性に保存されている証明書と一致する必要がある場合は、その証明書をユーザーエントリーに追加します。「ユーザーへの証明書の追加」を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.