検索

14.7. 指定したコントロールでの検索

download PDF
Directory Server は、DSE の supportedControls 属性に制御を定義しています。これらの中には、レプリケーションのようなサーバーの操作を定義するものもあれば、Get Effective Rights や、クライアントが LDAP 操作でサーバーに渡すことができる制御の逆参照などの拡張操作を許可するものもあります。
これらの制御は、-E オプションを使用して指定できます。制御 OID、ldapsearch の重大度、およびその制御操作に必要な情報を指定します。
-E '[!]control_OID:control_information'
一部の制御 (サーバー側のソートやシンプルなページングされた結果など、) には、検索操作にコントロールを渡すために使用できるエイリアスがあります。制御エイリアスを使用すると、制御がクライアントによって認識されるため、結果がフォーマットされます。

14.7.1. 効果のあるユーザー権限の取得

有効な権利を取得する検索コントロールは、コントロール OID を使用して渡されます。以下に例を示します。
# ldapsearch -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -b "dc=example,dc=com" -s sub -x -E '!1.3.6.1.4.1.42.2.27.9.5.2=:dn:uid=jsmith,ou=people,dc=example,dc=com' "(objectclass=*)"
重要
コントロールの OID が渡されると、検索結果の形式化がされません。
Get Effective Rights の検索については、「アクセス制御」の章「エントリーのアクセス権利の確認 (Get Effective Rights)」で詳細に説明されています。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.