検索

18.14.5. Get Effective Rights 戻りコード

download PDF
Get Effective Rights 検索とエラーに重大度が設定されていない場合は、通常のエントリー情報が返されますが、entryLevelRights および attributeLevelRights の権限の代わりに、エラーコードが返されます。このコードにより、クエリーされたエントリーの設定に関する情報を取得できます。表18.4「返された結果コード」は、エラーコードと、リレーが可能な潜在的な設定情報を要約します。
表18.4 返された結果コード
コード 説明
0 正常に完了しました。
1 操作エラー。
12 重要な拡張機能は利用できません。重大度式が true に設定され、クエリー対象のエントリーに有効な権限がない場合は、このエラーが返されます。
16 そのような属性はありません。アクセス権のために特定の属性をクエリーしましたが、その属性がスキーマに存在しない場合は、このエラーが返されます。
17 未定義の属性タイプ。
21 無効な属性構文。
50 権限が不十分。
52 利用できません。
53 不本意なパフォーマンス。
80 その他。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.