検索

16.5.2. Red Hat Directory Server と Active Directory との間のユーザースキーマの相違点

download PDF
Active Directory は Directory Server と同じ基本的な X.500 オブジェクトクラスをサポートしますが、管理者が認識すべき非互換性がいくつかあります。

16.5.2.1. cn 属性の値

Directory Server では、cn 属性に複数の値を指定できますが、Active Directory ではこの属性に単一の値しか持たせません。Directory Server の cn 属性が同期されると、単一の値のみが Active Directory ピアに送信されます。
これは、同期の意味としては、cn の値が Active Directory エントリーに追加され、その値が Directory Server の cn の値のいずれでもない場合、Directory Server の cn 値がすべて単一の Active Directory 値で上書きされます。
もう 1 つの重要な相違点として、Active Directory は cn 属性を命名属性として使用するのに対し、Directory Server では uid を使用する点があります。つまり、cn 属性が Directory Server で編集されると、エントリーの名前が完全に (誤って) 変更される可能性があります。この cn の変更が Active Directory エントリーに書き込まれると、エントリーの名前が変更になり、新しい名前付きエントリーが Directory Server に書き込まれます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.