検索

15.3.2. マルチマスターレプリケーション

download PDF
Directory Server は、多数のサーバーで同じ接尾辞(データベース)をマスターできる複雑なレプリケーションシナリオもサポートします。この接尾辞は、各サーバーの読み取り/書き込みレプリカに保持されます。つまり、各サーバーは読み取り/書き込みレプリカの changelog を維持することを意味します。
Directory Server のマルチマスターレプリケーションは、20 マスター、無制限のハブサプライヤー、および無制限のコンシューマーサーバーをサポートします。各コンシューマーサーバーは読み取り専用レプリカを保持します。コンシューマーはすべてのサプライヤーから更新を受け取ることができます。コンシューマーには、コンシューマーが受信する更新リクエストを転送するために、すべてのサプライヤーに参照が定義されます。このようなシナリオは、マルチマスターレプリケーション と呼ばれます
図15.2「マルチマスターレプリケーション(Two Masters)」 は、2 つのサプライヤーサーバーと 2 つのコンシューマーサーバーで構成されるマルチマスターレプリケーションのシナリオの例を示しています。

図15.2 マルチマスターレプリケーション(Two Masters)

マルチマスターレプリケーション(Two Masters)
図15.3「マルチマスターレプリケーション(4 つのマスター)」 は、4 つのサプライヤーサーバーと 8 つのコンシューマーサーバーを使用するマルチマスターレプリケーションのシナリオの例を示しています。このサンプル設定では、各サプライヤーサーバーは、他の 2 つのサプライヤーサーバーとすべての 8 つのコンシューマーサーバーにデータをフィードするために 10 個のレプリカ合意で設定されます。(Directory Server には、マルチマスターレプリケーションに 20 マスターをいくつでも指定できます。)

図15.3 マルチマスターレプリケーション(4 つのマスター)

マルチマスターレプリケーション(4 つのマスター)
マルチマスター設定の利点は以下のとおりです。
  • 1 つのサプライヤーにアクセスできない場合に自動書き込みフェイルオーバー。
  • 更新は、地理的に分散した環境のローカルサプライヤーで実行されます。
注記
レプリケーションが続行する速度は、以下によって異なります。
  • ネットワークの速度。
  • 送信および受信のレプリカ合意の数。最適なパフォーマンスを得るために、最大 8 アウトバウンドと 4 つの受信レプリカ合意を設定します。
マルチマスターレプリケーションを設定する手順は、「マルチマスターレプリケーションの設定」 を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.