検索

15.17. レプリケーション changelog のトリム

download PDF
Directory Server の changelog は、受け取ったおよび処理された変更の一覧を管理します。これには、サーバーで実行され、他のレプリケーションパートナーから、その他のディレクトリーが変更するクライアントの変更が含まれます。デフォルト設定を使用すると、Directory Server ではエントリーが自動的に削除されず、changelog は無限に増大します。削除するエントリーを制御するには、以下のパラメーターを使用します。
  • nsslapd-changelogmaxage (推奨): このパラメーターで設定された時間を超えた場合はエントリーを削除します。
  • nsslapd-changelogmaxentries: レコードの合計数がこのパラメーターに設定された値を超えると、最も古いエントリーを削除します。
どのレコードも、その後に作成されたすべてのレコードも、トポロジー内のすべてのサーバーに正常にレプリケートされるまで、changelog に残ります。たとえば、Directory Server マスターがトポロジーから削除されましたが、レプリカ更新ベクター (RUV) が削除されていなかった場合などに発生します。

15.17.1. レプリケーション changelog のトリムの有効化

レプリケーション changelog のトリムを有効にするには、7 日 (7d) より古いエントリーを自動的に削除します。
# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x

dn: cn=changelog5,cn=config
changetype: modify
replace: nsslapd-changelogmaxage
nsslapd-changelogmaxage: 7d
注記
Red Hat は、nsslapd-changelogmaxentries の最大エントリー数ではなく、nsslapd-changelogmaxage で最大期間を設定することを推奨します。nsslapd-changelogmaxage に設定された時間は、nsDS5ReplicaPurgeDelay で設定したレプリケーションパージ遅延と一致する必要があります。nsDS5ReplicaPurgeDelay の詳細は、Red Hat Directory Server の設定、コマンド、およびファイルリファレンス のパラメーターの説明を参照してください
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.