検索

15.18.2. コンソールを使用したオンラインコンシューマーの初期化

download PDF
コンソールを使用したオンラインコンシューマーの初期化は、コンシューマーを初期化または再初期化する最も簡単な方法です。ただし、リンクが遅い場合は、このプロセスに非常に時間がかかる場合があります。また、コマンドラインを使用して手動によるコンシューマーの初期化をより効率化することがあります。詳細は、「コマンドラインを使用した手動コンシューマーの初期化」 を参照してください。
注記
コンシューマーサーバーがオンラインコンシューマー作成方法を使用して初期化されている場合、レプリカ上のすべての操作(検索を含む)は、初期化プロセスが完了するまでサプライヤーサーバーと呼ばれます。
オンラインでコンシューマーを初期化するか、または再初期化するには、以下を実行します。
  1. レプリカ合意を作成します。
  2. サプライヤーサーバーの Directory Server コンソールで、Configuration タブを選択します。
  3. Replication フォルダーを展開し、複製されたデータベースを展開します。レプリカ合意を右クリックし、ポップアップメニューから Initialize Consumer を選択します。
    コンシューマーのレプリカにすでに保存された情報を削除するというメッセージが表示されます。
  4. 確認ボックスの Yes をクリックします。
オンラインコンシューマーの初期化がすぐに開始します。オンラインコンシューマーの初期化のステータスを確認するには、Status ボックスの Summary タブを開きます。オンラインコンシューマーの初期化が進行中であれば、レプリカが初期化されていることが表示されます。
重要
マルチマスターレプリケーションの場合は、コンシューマーが 1 つのサプライヤーによって 1 度だけ 初期化されていることを確認します。レプリケーションのステータスを確認する際には、コンシューマーの初期化に使用された適切なサプライヤーでレプリカ合意のエントリーを確認してください。
このウィンドウを更新するには、ナビゲーションツリーで複製されたデータベースアイコンを右クリックし、レプリカ合意 の更新 を選択します。オンラインコンシューマーの初期化が完了すると、ステータスが変更されてこれが反映されます。
レプリケーションおよび初期化ステータスの監視に関する詳細は、「レプリケーションステータスの監視」 を参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.