検索

15.7.2. コンシューマーサーバーでの読み取り専用レプリカの設定

download PDF
  1. 読み取り専用レプリカのデータベースがない場合は、これを作成します。接尾辞の作成方法については、「接尾辞の作成」 を参照してください。
  2. コンシューマーサーバーにサプライヤーバインド DN のエントリーを作成します(存在しない場合)。サプライヤーバインド DN は、サプライヤーがコンシューマーにバインドするために使用する特別なエントリーです。これは 「サプライヤーバインド DN エントリーの作成」 で説明されています。
  3. 読み取り専用レプリカに必要なレプリケーション設定を指定します。
    1. Directory Server コンソールで、Configuration タブを選択します。
    2. ナビゲーションツリーで、Replication フォルダーを展開し、レプリカデータベースを強調表示します。
      ウィンドウの右側で、そのデータベースの Replica Settings タブが開きます。
    3. Enable Replica チェックボックスを選択します。
    4. Replica Role セクションで、Dedicated Consumer ラジオボタンを選択します。
    5. Common Settings セクションで、Purge delay フィールドでパージ遅延を指定します。
      このオプションは、複製されたエントリーのステータス情報がパージされる頻度を示します。
    6. Update Settings セクションで、サプライヤーがレプリカにバインドするために使用するバインド DN を指定します。Enter a new Supplier DN フィールドにサプライヤーバインド DN を入力し、Add をクリックします。サプライヤーバインド DN が現在の サプライヤー DN 一覧に表示されます。
      サプライヤーバインド DN は、手順 2 で作成されたエントリーである必要があります。サプライヤーバインド DN は、複製されたデータベースのアクセス制御の対象ではないため、特権ユーザーです。
      注記
      コンシューマーごとに複数のサプライヤーバインド DN を指定できますが、レプリカ合意ごとに 1 つのサプライヤー DN のみがあります。
    7. 更新を参照するサプライヤーサーバーの URL(hostname :port または IP_address:port、IPv4 アドレスまたは IPv6 アドレスを使用)を指定します。
      デフォルトでは、すべての更新は、ここで指定されたサプライヤーサーバーが最初に参照されます。ここでサプライヤーが設定されていない場合、更新は現在のレプリカを含むレプリカ合意を持つサプライヤーサーバーと呼ばれます。
      カスケードレプリケーションでは、参照は自動的にハブサーバーに送信され、元のサプライヤーへの要求を参照します。そのため、自動的に生成された参照を交換するように、元のサプライヤーに参照を設定します。
  4. Save をクリックします。
レプリケーション設定のすべてのコンシューマーサーバーでこの手順を繰り返し、ハブレプリカを設定します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.