検索

15.24. レプリケーションステータスの監視

download PDF
レプリケーションのステータスは、Directory Server Console、Red Hat Administration Express(「Admin Express からのレプリケーションの監視」)、またはコマンドラインから表示できます。

15.24.1. コンソールからのレプリケーションのステータスの監視

  1. Status タブを選択し、左側のナビゲーションツリーで Replication Status を選択します。
    右側のペインに、このサーバーに設定した各レプリカ合意に関する情報が含まれるテーブルが表示されます。
  2. Refresh をクリックして、タブの内容を更新します。
    表示されるステータス情報は、表15.1「Directory Server コンソールのレプリケーションステータス」 で説明されています。
表15.1 Directory Server コンソールのレプリケーションステータス
テーブルヘッダー 詳細
合意 レプリカ合意の名前。
レプリカ接尾辞 複製される接尾辞。
supplier 合意内のサプライヤーサーバー。
コンシューマー この合意のコンシューマーサーバー
変更数 サーバーの開始以降、このレプリカに送信された変更を示す比率。この値の形式は replica_id:changes_sent/changes_skipped になります。そのため、レプリカ ID が 7 で、100 個の変更が送信され、変更が省略されない場合、変更の数の値は 7:100/0 になります。
Last replica update began 最新のレプリケーション更新が開始された時間。
Last replica update ended 最新のレプリケーション更新が完了した時間。
Last update message 最新のレプリケーション更新のステータス。
コンシューマーの初期化 コンシューマーの初期化の現在のステータス(進捗中または否定)。
最後のコンシューマーの初期化更新メッセージ コンシューマーの最後の初期化のステータス。
最後のコンシューマーの初期化が開始 コンシューマーレプリカの初期化が開始された時間。
最後のコンシューマーの初期化が終了しました コンシューマーレプリカの初期化が終了したとき。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.