検索

19.5. パスワードの有効期限コントロールの概要

download PDF
ユーザーが有効なパスワードを使用して Directory Server に認証し、パスワードの期限が切れたり、リセットする必要がある場合、サーバーは以下の LDAP コントロールをクライアントに送信します。
  • 期限切れのコントロール (2.16.840.1.113730.3.4.4): パスワードの有効期限が切れていることを示しています。Directory Server は以下の状況でこの制御を送信します。
    • パスワードの失効していますが、猶予のあるログインがなくなりました。サーバーは、Error 49 メッセージでバインドを拒否します。
    • パスワードは失効していますが、自動ログインは引き続き利用できます。バインドが許可されます。
    • cn=config エントリーで passwordMustChange を有効にし、管理者が変更した後にパスワードをリセットする必要があります。バインドが許可されますが、パスワードの変更以外の後続の操作では、Error 53 メッセージが表示されます。
  • 期限切れコントロール (2.16.840.1.113730.3.4.5): パスワードが間もなく期限切れになることを示します。Directory Server は以下の状況でこの制御を送信します。
    • このパスワードは、cn=config エントリーの passwordWarning 属性に設定されたパスワード警告期間内に期限切れとなります。
    • cn=config エントリーの passwordSendExpiringTime 属性でパスワードポリシー設定オプションが有効になっている場合は、パスワードが警告期間内にいるかどうかにかかわらず、期限切れ制御が常に返されます。
  • バインド応答制御 (1.3.6.1.4.1.42.2.27.8.5.1): この制御には、期限切れ間近のパスワードや、もうすぐ期限切れになるパスワードの状態に関する詳細な情報が含まれています。
    注記
    Directory Server は、クライアントが要求した場合に限りバインド応答制御を送信します。たとえば、ldapsearch を使用する場合は、-e ppolicy パラメーターをコマンドに渡してバインド応答制御を要求する必要があります。

    例19.1 Query でのバインド処理コントロールの要求

    -e ppolicy パラメーターを ldapsearch コマンドに渡すなどしてバインド応答制御を要求する場合、サーバーはアカウントの有効期限に関する詳細情報を返します。以下に例を示します。
    # ldapsearch -D "uid=user_name,dc=example,dc=com" -xLLL -W \
         -b "dc=example,dc=com" -e ppolicy
    ldap_bind: Success (0); Password expired (Password expired, 1 grace logins remain)
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.