検索

13.7. インデックスの削除

download PDF
本セクションでは、インデックスから属性とインデックスタイプを削除する方法を説明します。

13.7.1. デフォルトインデックスエントリーからの属性の削除

Directory Server のデフォルト設定を使用する場合は、sn などのデフォルトのインデックスエントリーに一覧表示される複数の属性がインデックス化されます。以下の属性はデフォルトインデックスの一部です。
表13.1 デフォルトのインデックス属性
aci
cn
entryusn
givenName
mail
mailAlternateAddress
mailHost
member
memberOf
nsUniqueId
ntUniqueId
ntUserDomainId
numsubordinates
objectclass
owner
parentid
seeAlso
sn
telephoneNumber
uid
uniquemember
警告
システムインデックスを削除すると、Directory Server のパフォーマンスが大幅に影響を受ける可能性があります。
たとえば、デフォルトのインデックスから sn 属性を削除するには、次のコマンドを実行します。
  1. cn=default indexes,cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーから属性を削除します。
    # ldapdelete -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h server.example.com -x
    cn=sn,cn=default indexes,cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config
    このエントリーから属性を削除しない場合は、サーバーの再起動後に sn 属性のインデックスが自動的に再作成され、破損します。
  2. cn=attribute_name,cn=index,cn=userRoot,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config エントリーを削除します。詳細は、次を参照してください。
  3. db2index.pl Perl スクリプトを実行してインデックスを再作成します。
    # db2index.pl -Z instance_name -D "cn=Directory Manager" -w secret -n database_name
    db2index.pl Perl スクリプトの使用に関する詳細は、db2index.pl(8) の man ページを参照してください。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.