検索

8.6.2. Pod の追加ネットワークへの追加

download PDF

Pod を追加のネットワークに追加できます。Pod は、デフォルトネットワークで通常のクラスター関連のネットワークトラフィックを継続的に送信します。

Pod が作成されると、追加のネットワークが割り当てられます。ただし、Pod がすでに存在する場合は、追加のネットワークをこれに割り当てることはできません。

Pod が追加ネットワークと同じ namespace にあること。

注記

ネットワークの割り当てが SR-IOV Network Operator によって管理される場合、SR-IOV Network Resource Injector は resource フィールドを Pod オブジェクトに自動的に追加します。

重要

Deployment オブジェクトまたは ReplicationController オブジェクトの SR-IOV ハードウェアネットワークを指定する場合、 NetworkAttachmentDefinition オブジェクトの namespace を指定する必要があります。詳細は、以下の BZ#1846333 および BZ#1840962 のバグを参照してください。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) をインストールしている。
  • クラスターにログインする。
  • SR-IOV Operator のインストール。
  • Pod を割り当てる SriovNetwork オブジェクトを作成します。

手順

  1. アノテーションを Pod オブジェクトに追加します。以下のアノテーション形式のいずれかのみを使用できます。

    1. カスタマイズせずに追加ネットワークを割り当てるには、以下の形式でアノテーションを追加します。<network> を、Pod に関連付ける追加ネットワークの名前に置き換えます。

      metadata:
        annotations:
          k8s.v1.cni.cncf.io/networks: <network>[,<network>,...] 1
      1
      複数の追加ネットワークを指定するには、各ネットワークをコンマで区切ります。コンマの間にはスペースを入れないでください。同じ追加ネットワークを複数回指定した場合、Pod は複数のネットワークインターフェイスをそのネットワークに割り当てます。
    2. カスタマイズして追加のネットワークを割り当てるには、以下の形式でアノテーションを追加します。

      metadata:
        annotations:
          k8s.v1.cni.cncf.io/networks: |-
            [
              {
                "name": "<network>", 1
                "namespace": "<namespace>", 2
                "default-route": ["<default-route>"] 3
              }
            ]
      1
      NetworkAttachmentDefinition オブジェクトによって定義される追加のネットワークの名前を指定します。
      2
      NetworkAttachmentDefinition オブジェクトが定義される namespace を指定します。
      3
      オプション: 192.168.17.1 などのデフォルトルートのオーバーライドを指定します。
  2. Pod を作成するには、以下のコマンドを入力します。<name> を Pod の名前に置き換えます。

    $ oc create -f <name>.yaml
  3. オプション: アノテーションが Pod CR に存在することを確認するには、<name> を Pod の名前に置き換えて、以下のコマンドを入力します。

    $ oc get pod <name> -o yaml

    以下の例では、example-pod Pod が追加ネットワークの net1 に割り当てられています。

    $ oc get pod example-pod -o yaml
    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      annotations:
        k8s.v1.cni.cncf.io/networks: macvlan-bridge
        k8s.v1.cni.cncf.io/networks-status: |- 1
          [{
              "name": "openshift-sdn",
              "interface": "eth0",
              "ips": [
                  "10.128.2.14"
              ],
              "default": true,
              "dns": {}
          },{
              "name": "macvlan-bridge",
              "interface": "net1",
              "ips": [
                  "20.2.2.100"
              ],
              "mac": "22:2f:60:a5:f8:00",
              "dns": {}
          }]
      name: example-pod
      namespace: default
    spec:
      ...
    status:
      ...
    1
    k8s.v1.cni.cncf.io/networks-status パラメーターは、オブジェクトの JSON 配列です。各オブジェクトは、Pod に割り当てられる追加のネットワークのステータスについて説明します。アノテーションの値はプレーンテキストの値として保存されます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.