検索

第2章 独自のサービスのモニタリング

download PDF

クラスターのモニタリングに加えて、独自のサービスについて OpenShift Monitoring を使用できます。これを使用することにより、追加のモニタリングソリューションを使用する必要はありません。また、これはモニタリングの一元化に役立ちます。さらに、サービスのメトリクスへのアクセスを、クラスター管理者以外にも拡張できます。これにより、開発者および任意のユーザーがこれらのメトリクスにアクセスできます。

注記

カスタム Prometheus インスタンスおよび Operator Lifecycle Manager (OLM) でインストールされる Prometheus Operator では、ユーザー定義のワークロードモニタリングが有効である場合にこれに関する問題が生じる可能性があります。カスタム Prometheus インスタンスは OpenShift Container Platform ではサポートされません。

重要

独自のサービスのモニタリングはテクノロジープレビュー機能としてのみご利用いただけます。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。テクノロジープレビューの機能は、最新の製品機能をいち早く提供して、開発段階で機能のテストを行いフィードバックを提供していただくことを目的としています。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲についての詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

2.1. 独自のサービスのモニタリングの有効化

独自のサービスのモニタリングを有効にするには、クラスターモニタリングの ConfigMap に techPreviewUserWorkload/enabled フラグを設定します。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできます。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • cluster-monitoring-configConfigMap オブジェクトを作成している。

手順

  1. cluster-monitoring-config ConfigMap オブジェクトの編集を開始します。

    $ oc -n openshift-monitoring edit configmap cluster-monitoring-config
  2. data/config.yamltechPreviewUserWorkload 設定を true に設定します。

    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      name: cluster-monitoring-config
      namespace: openshift-monitoring
    data:
      config.yaml: |
        techPreviewUserWorkload:
          enabled: true
  3. 変更を適用するためにファイルを保存します。独自のサービスのモニタリングが自動的に有効にされます。
  4. オプション: prometheus-user-workload Pod が作成されていることを確認できます。

    $ oc -n openshift-user-workload-monitoring get pod

    出力例

    NAME                                   READY   STATUS        RESTARTS   AGE
    prometheus-operator-6f7b748d5b-t7nbg   2/2     Running       0          3h
    prometheus-user-workload-0             5/5     Running       1          3h
    prometheus-user-workload-1             5/5     Running       1          3h
    thanos-ruler-user-workload-0           3/3     Running       0          3h
    thanos-ruler-user-workload-1           3/3     Running       0          3h

追加リソース

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.