検索

4.6.4. Manila CSI ボリュームの動的プロビジョニング

download PDF

OpenShift Container Platform は利用可能な Manila 共有タイプ別に StorageClass をインストールします。

作成される YAML ファイルは Manila およびその Container Storage Interface (CSI) プラグインから完全に切り離されます。アプリケーション開発者は、ReadWriteMany (RWX) ストレージを動的にプロビジョニングし、YAML マニフェストを使用してストレージを安全に使用するアプリケーションと共に Pod をデプロイできます。ReadWriteOnce (RWO) などの他のアクセスモードをプロビジョニングすることもできます。

PVC 定義のストレージクラス参照を除き、AWS、GCP、Azure、および他のプラットフォームで OpenShift Container Platform で使用する同じ Pod および永続ボリューム要求 (PVC) 定義をオンプレミスで使用できます。

前提条件

  • Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) は適切な Manila 共有インフラストラクチャーでデプロイされ、OpenShift Container Platform でボリュームを動的にプロビジョニングし、マウントするために使用できます。

手順 (UI)

Web コンソールを使用して Manila CSI ボリュームを動的に作成するには、以下を実行します。

  1. OpenShift Container Platform コンソールで、Storage Persistent Volume Claims をクリックします。
  2. 永続ボリューム要求 (PVC) の概要で、Create Persistent Volume Claim をクリックします。
  3. 結果のページで必要なオプションを定義します。

    1. 適切な StorageClass を選択します。
    2. ストレージ要求の一意の名前を入力します。
    3. アクセスモードを選択し、作成する PVC の読み取りおよび書き込みアクセスを指定します。

      重要
      • この PVC を満たす永続ボリューム (PV) をクラスター内の複数ノードの複数 Pod にマウントする必要がある場合には、RWX を使用します。
      • 追加の Pod が動的にプロビジョニングされないようにする必要がある場合には、RWO モードを使用します。
  4. ストレージ要求のサイズを定義します。
  5. Create をクリックして永続ボリューム要求 (PVC) を作成し、永続ボリュームを生成します。

手順 (CLI)

コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用して Manila CSI ボリュームを動的に作成するには、以下を実行します。

  1. 以下の YAML によって記述される PersistentVolumeClaim オブジェクトを使ってファイルを作成し、保存します。

    pvc-manila.yaml

    apiVersion: v1
    kind: PersistentVolumeClaim
    metadata:
      name: pvc-manila
    spec:
      accessModes: 1
        - ReadWriteMany
      resources:
        requests:
      	storage: 10Gi
      storageClassName: csi-manila-gold 2

    1
    この PVC を満たす永続ボリューム (PV) をクラスター内の複数ノードの複数 Pod にマウントする必要がある場合には、RWX を使用します。ReadWriteOnce (RWO) モードを使用して、追加の Pod が動的にプロビジョニングされないようにします。
    2
    ストレージのバックエンドをプロビジョニングするストレージクラスの名前。Manila StorageClasses は Operator によってプロビジョニングされ、これには csi-manila- 接頭辞があります。
  2. 以下のコマンドを実行して、直前の手順で保存されたオブジェクトを作成します。

    $ oc create -f pvc-manila.yaml

    新規 PVC が作成されます。

  3. ボリュームが作成され、準備状態にあることを確認するには、以下のコマンドを実行します。

    $ oc get pvc pvc-manila

    pvc-manila は、これが Bound であることを示します。

新規 PVC を使用して Pod を設定できるようになりました。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.