検索

3.13.2.2. CLI を使用した VMware vSphere ボリュームの動的プロビジョニング

download PDF

OpenShift Container Platform は、ボリュームをプロビジョニングするために thin ディスク形式を使用する thin という名前のデフォルトの StorageClass をインストールします。

前提条件

  • ストレージは、ボリュームとして OpenShift Container Platform にマウントされる前に基礎となるインフラストラクチャーになければなりません。

手順 (CLI)

  1. 以下の内容でファイル pvc.yaml を作成して VMware vSphere PersistentVolumeClaim を定義できます。

    kind: PersistentVolumeClaim
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: pvc 1
    spec:
      accessModes:
      - ReadWriteOnce 2
      resources:
        requests:
          storage: 1Gi 3
    1
    永続ボリューム要求 (PVC) を表す一意の名前。
    2
    永続ボリューム要求 (PVC) のアクセスモード。ReadWriteOnce では、ボリュームは単一ノードによって読み取り/書き込みパーミッションでマウントできます。
    3
    永続ボリューム要求 (PVC) のサイズ。
  2. ファイルから PersistentVolumeClaim オブジェクトを作成します。

    $ oc create -f pvc.yaml
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.